ホーム > Microsoft Azure 向けソリューションの開発 (AZ-204T00)

Microsoft Azure 向けソリューションの開発 (AZ-204T00)

期間  4日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  286,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  MSC0709V

対応チケット/ポイント等

  • キャンペーン
    キャンペーン対象コース
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年10月26日(火) ~ 2021年10月29日(金)

オンラインLive

  空席あり

実施確定

2021年11月16日(火) ~ 2021年11月19日(金)

オンラインLive

  残りわずか

2021年12月7日(火) ~ 2021年12月10日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年1月18日(火) ~ 2022年1月21日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年2月15日(火) ~ 2022年2月18日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年3月22日(火) ~ 2022年3月25日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年4月25日(月) ~ 2022年4月28日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年6月21日(火) ~ 2022年6月24日(金)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

【本コースはオンライン対応です】
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、PCやタブレット等を通してオンラインでご参加いただけます。
  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。
★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら

MCP「AZ-204:Microsoft Azureの開発ソリューション」受験予定の方に最適です。
バウチャー付きのコースはMSC0721Vからお申込みいただけます。

キャンペーン・イベント情報

Microsoft Partner of the Year受賞記念特別キャンペーン 実施中!
Microsoft Partner of the Year 受賞記念特別キャンペーン
キーワード「MSWA2021」を入れてコースを申し込みすると、キャンペーン特別価格(定価の10%オフ価格)で受講できます! バウチャも特別価格でご提供中です。
詳しくはこちらをご覧ください。

重要なご連絡・ご確認事項

重要: 事前準備について

●テキストおよび演習ガイドについて
 本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(日本語)を使用します。演習ガイドはマイクロソフト社から提供される英語版テキストをベースに、最小限の日本語化を行なった補足資料を使用します。
 電子テキストのプラットフォームはskillpipeを使用します。事前にアカウントを作成しておくことをおすすめします。

●マイクロソフトアカウントの事前作成のお願い
 本コースでは、演習用のAzure サブスクリプション(Student Pass)を使用します。Student Pass の有効化にマイクロソフトアカウントが必要となるため、事前にご用意ください。アカウントの作成方法はマイクロソフト サポートWebページをご覧ください。
 なお、作成時は必ず「新しいメールアドレスを取得」で作成願います。Student Passに割り当てたマイクロソフトアカウントは、別のStudent Passには使用できないため、将来別のコース受講に支障をきたすためです)

対象者情報

対象者
このコースは Azure 開発者向けです。Azure 開発者は、アプリケーションやサービスなどのクラウド ソリューションを設計および構築します。ソリューションの設計から開発と展開、テストと保守まで、開発のすべての段階に参加します。クラウド ソリューション アーキテクト、クラウド DBA、クラウド管理者、およびクライアントと提携してソリューションを実装します。
前提条件
□ソフトウェア開発のすべての段階で、スケーラブルなソリューションを開発した経験が 1 年以上あること
□少なくとも 1 つのクラウド サポート プログラミング言語に熟練していること(C#、.NET Framework、HTML、およびアプリケーションでの RESTなど)
□Azure とクラウドの概念、サービス、および Azure Portal の基本知識があること
□PowerShell や Azure CLI に精通していること

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、以下を習得します。
・Azure IaaS サービスと機能を実装するために必要な知識とスキル
・Azure ストレージ サービスと開発ソリューションの機能を活用するために必要な知識とスキル
・Azure 認証および承認サービスを開発ソリューションに含めるために必要な知識とスキル
・Azure でホストされているアプリケーションが意図したとおりの状態で効率的に動作するようにするために必要な知識とスキル
・アプリとサービス間のコミュニケーションに関する知識とスキル
学習目標
● Web アプリケーションを構築できる
● Functions アプリを作成できる
● Azure Blob ストレージを管理できる
● Cosmos DB を構築、管理できる
● VM およびコンテナイメージを作成できる
● 様々な認証を使用できる
● API の公開や管理ができる
● イベントベースやメッセージベースのアーキテクチャを使用してアプリケーションを構築できる
● アプリを分析およびトラブルシューティングができる
● 様々なキャッシュサービスを使用しアプリのパフォーマンスを向上できる
学習内容
1. Azure App Service Web Apps の作成
  - Azure App Service のコア概念
  - Azure App Service Web Apps の作成
  - App Service アプリの構成および監視
  - App Service アプリのスケーリング
  - Azure App Service のステージング環境

2. Azure Functions の実装
  - Azure Functions の概要
  - Azure Functions の開発
  - Durable Functions の実装

3. Blob Storage を使用するソリューションの開発
  - Azure Blob Service のコア概念
  - Azure Blob Storage ライフサイクルの管理
  - Azure Blob Storage の操作

4. Cosmos DB ストレージを使用するソリューションの開発
  - Azure Cosmos DB の概要
  - Azure Cosmos DB データ構造
  - Azure Cosmos DB リソースとデータの操作

5. IaaS ソリューションの実装
  - Azure での VM のプロビジョニング
  - ARM テンプレートの作成およびデプロイ
  - ソリューション用のコンテナー イメージの作成
  - コンテナー イメージを Azure Container Registry に発行する
  - Azure Container Instances でコンテナー イメージを作成して実行する

6. ユーザー認証および承認の実装
  - Microsoft ID プラットフォーム v2.0
  - Microsoft Authentication Library を使用した認証
  - Microsoft Graph の使用
  - Azure Storage でのデータ操作の承認

7. セキュアなクラウド ソリューションの実装
  - KeyVault API を使用したキー、シークレット、証明書の管理
  - Azure リソースのマネージ ID の実装
  - Azure App Configuration を使用した App Configuration データのセキュリティ保護

8. App 管理の実装
  - API Management の概要
  - API のポリシーの定義
  - API のセキュリティ保護

9. イベントベース ソリューションの開発
  - Azure イベント グリッドを使用するソリューションの実装
  - Azure イベント グリッドを使用するソリューションの実装

10. メッセージベースのソリューションの開発
  - Azure Service Bus を使用するソリューションの実装
  - Azure Queue Storage を使用するソリューションの実装

11. Azure ソリューションの監視と最適化
  - Azure での監視の概要
  - 監視のアプリのインストルメント化
  - アプリの分析およびトラブルシューティング
  - 一時的な障害を処理するコードの実装

12. ソリューション内のキャッシングとコンテンツ デリバリーの統合
  - Azure Cache for Redis の開発
  - CDN 上のストレージ用の開発

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
・Windows Server 2019
・Microsoft Azure
・Visual Studio

関連試験や資格との関連

MCP試験 AZ-204:Microsoft Azureの開発ソリューション

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は予告なく変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。
・本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキストを使用いたします。