ホーム > AWS Cloud Practitioner Essentials

AWS Cloud Practitioner Essentials

期間  1日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  77,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義 コースコード  AWC0062V
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2022年6月9日(木) ~ 2022年6月9日(木)

オンラインLive

  キャンセル待ち

実施確定

2022年7月4日(月) ~ 2022年7月4日(月)

オンラインLive

  キャンセル待ち

実施確定

2022年7月11日(月) ~ 2022年7月11日(月)

オンラインLive

  キャンセル待ち

実施確定

2022年7月28日(木) ~ 2022年7月28日(木)

オンラインLive

  キャンセル待ち

実施確定

2022年8月1日(月) ~ 2022年8月1日(月)

オンラインLive

  残りわずか

2022年8月8日(月) ~ 2022年8月8日(月)

オンラインLive

  空席あり

2022年8月18日(木) ~ 2022年8月18日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年8月29日(月) ~ 2022年8月29日(月)

オンラインLive

  空席あり

2022年9月1日(木) ~ 2022年9月1日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年9月8日(木) ~ 2022年9月8日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年9月12日(月) ~ 2022年9月12日(月)

オンラインLive

  空席あり

2022年9月21日(水) ~ 2022年9月21日(水)

オンラインLive

  空席あり

2022年9月29日(木) ~ 2022年9月29日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年10月6日(木) ~ 2022年10月6日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年10月13日(木) ~ 2022年10月13日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年10月20日(木) ~ 2022年10月20日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年10月24日(月) ~ 2022年10月24日(月)

オンラインLive

  空席あり

2022年11月1日(火) ~ 2022年11月1日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年11月17日(木) ~ 2022年11月17日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年11月24日(木) ~ 2022年11月24日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年12月5日(月) ~ 2022年12月5日(月)

オンラインLive

  空席あり

2022年12月15日(木) ~ 2022年12月15日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年12月19日(月) ~ 2022年12月19日(月)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

※ コース改定により、4月以降ハンズオン演習は無くなり、講義のみの内容になります。

Amazon Web Services(AWS)をこれから使い始める方に最適

AWS クラウドについて特定の技術領域ではなく、1日で総合的に学習できるコースです。

講義のみなので、エンジニアの方のみならず、AWS を用いたビジネスを検討されている経営層やマネージャ層の方にも、AWS の特徴やメリット、用語、各サービスの特徴を集中的に学んでいただけます。

AWS 環境を利用した演習については、 AWS Technical Essentialsと合わせてのご受講がおすすめです。
「AWS認定クラウドプラクティショナー」資格取得を目指す方の基礎知識修得にも最適です。
※資格対策コースではありません。




バウチャ付コースのご案内

認定試験の受験用バウチャをセットでお申し込みになれます。

受験バウチャ付コース



ステップアップを目指す方へのご案内

上位コースへのロードマップや、認定資格についてご紹介します。


重要なご連絡・ご確認事項

受講前の事前準備作業について

本コースでは、Gilmore社より発行される電子テキストを使用します。
同社の電子テキストの閲覧には、無償の電子ブックビューワーBookshelfが必要です。

ご受講当日スムーズにテキスト閲覧を開始するために、あらかじめ Bookshelfアカウント登録作業をお済ませください。
すでにアカウントをお持ちの方は、登録アカウントとパスワードでログインができることをご確認ください。


【本コースはオンライン対応です】
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程はオンラインでご参加いただけます。
  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら

対象者情報

対象者
・これから AWS を使い始める方
・クラウドの提案を行う営業職およびプリセールス担当者
・クラウドのビジネス活用を検討するIT企画担当者
・クラウドの導入を検討しているITマネージャまたはリーダー
・AWS のサービスの使用に関心がある SysOps 管理者、ソリューションアーキテクト、および開発者
前提条件
□ITビジネスの一般知識
□ITの一般知識
□Webシステム構築・運用経験または知識(推奨)
□リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の知識(推奨)
□一般的なネットワーク概念に関する知識 (推奨)

学習内容の詳細

コース概要
このコースは、特定の技術領域ではなく、アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドを全体的に理解したい方を対象としています。受講者は、AWS クラウドの概念、AWS のサービス、セキュリティ、アーキテクチャ、料金、サポートについて学習し、AWS クラウドについての知識を深めます。
学習目標
● AWS クラウドの基本的なグローバルインフラストラクチャについて説明する
● コンピューティング、ネットワーク、データベース、ストレージといった、AWS の主要なサービスを例を挙げて説明する
● AWS クラウドサービスを使用した適切なソリューションを説明する
● AWS Well-Architected フレームワークについて説明する
● AWS クラウド内の主要なセキュリティサービスについて説明する
● AWS クラウドへの移行の基本について説明する
● 主要な請求、アカウント管理、料金モデルについて定義する
● AWS のサービスについて費用対効果の高い選択を行うために、料金ツールの使い方を説明する
学習内容
1. アマゾン ウェブ サービスの紹介
 - AWS の利点の概要を説明する
 - 従量課金制の料金モデルの概要を説明する

2. クラウドでのコンピューティング
 - Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) の利点の概要を説明する
 - Amazon EC2 Auto Scaling の利点について説明する
 - Elastic Load Balancing の利点について説明する
 - その他の AWS コンピューティングオプションの概要を説明する

3. グローバルインフラストラクチャと信頼性
 - AWS グローバルインフラストラクチャの利点の概要を説明する
 - アベイラビリティーゾーンの基本的な概念を説明する

4. ネットワーク
 - パブリックネットワークリソースとプライベートネットワークリソースの違いについて説明する
 - AWS Direct Connect の利点について説明する
 - ハイブリッドデプロイの利点について説明する

5. ストレージとデータベース
 - さまざまなストレージソリューションの概要を説明する
 - さまざまなデータベースサービスの概要を説明する

6. セキュリティ
 - 責任共有モデルの利点について説明する
 - セキュリティポリシーの概要を説明する
 - AWS の主要なセキュリティサービスの概要を説明する

7. モニタリングと分析
 - Amazon CloudWatch の利点について説明する
 - AWS CloudTrail の利点について説明する
 - AWS Trusted Advisor の利点について説明する

8. 料金とサポート
 - AWS の料金とサポートモデルについて理解する
 - AWS Organizations と一括請求 (コンソリデーティッドビリング) の主な利点について説明する
 - AWS Budgets の利点について説明する
 - AWS 料金計算ツールの主な利点について説明する
 - AWS Marketplace の利点について説明する

9. 移行とイノベーション
 - AWS クラウドの移行とイノベーションについて理解する
 - クラウド移行戦略の主要な要素 6 つの概要を説明する
 - さまざまな AWS データ移行ソリューションの利点について説明する

10. AWS 認定クラウドプラクティショナーの基本
 - AWS 認定クラウドプラクティショナー試験を準備するためのリソースを確認する

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
本コースで扱うAmazon Web Servicesのサービスは以下の通りです。
Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)
Amazon EC2 Auto Scaling
Elastic Load Balancing
Amazon Simple Notification Service (SNS)
Amazon Simple Queue Service (SQS)
AWS Lambda
Amazon Elastic COntainer Service (ECS)
Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS)
AWS Fargate
Amazon CloudFront
AWS Outposts
Amazon Virtual Private Cloud (VPC)
AWS Direct Connect
Amazon Route 53
Amazon Elastic Block Store (EBS)
Amazon Simpe Storage Service (S3)
Amazon Elastic File System (EFS)
Amazon Relational Database Service (RDS)
Amazon Aurora
Amazon DynamoDB
AWS Database Migration Service (DMS)
Amazon Refshift
Amazon DocumentDB
Amazon Neptune
Amazon QLDB
Amazon Managed Blockchain
Amazon ElastiCache
Amazon DynamoDB Accelerator
Amaozn Identity and Access Management (IAM)
AWS Organizations
AWS Artifact
AWS WAF
AWS Shield
Amazon Inspector
AWS Key Management Service (KMS)
Amazon GuardDuty
Amazon CloudWatch
AWS CloudTrail
AWS Trusted Advisor
AWS Budgets
AWS Cost Explorer
AWS Personal Health Dashboard
AWS Marketplace
AWS Snow Family
AWS Well-Architected Framework
演習/デモ内容
以下のデモを行う予定です。
・Amazon Web Services

関連試験や資格との関連

AWS認定試験 AWS認定クラウドプラクティショナー資格対応

コース関連付加情報

ご注意・ご連絡事項

・弊社経由でお申込みされた場合、APNパートナー割引は適用されませんのであらかじめご了承ください。
・ご受講前に、電子ブックビューア【BookShelf】のアカウント登録をお済ませください。
・ご受講当日、電子テキスト閲覧用の各種デバイス(スマートフォン、タブレット、ノートPC等)を研修会場へお持ち込みいただいても結構です。
本コースは「AWS認定クラウドプラクティショナー」試験準備のための推奨トレーニングとなっておりますが、試験対策コースではありません。

おすすめのコースフロー図を見る