ホーム > セキュリティ対策としての人材育成

セキュリティ対策としての人材育成

セキュリティ対策としての人材育成


差し迫るサイバー攻撃の脅威

全世界的なランサムウェア攻撃など、サイバー攻撃の脅威が身近になっている今、企業規模に関わらず、セキュリティ対策は必要不可欠です。

「企業におけるランサムウェア実態調査 2016」によると、下記の結果が出ています。

  • 調査対象者の4人に1人がランサムウェア被害を受けている
  • そのうち6割が身代金支払いに応じている
  • 支払い額は300万円以上が過半数を占める
  • 身代金を支払っても、約42%が完全にデータ復旧ができなかった

【ランサムウェア攻撃を受けたことがあるか】

ランサムウェア攻撃を受けたことがあるか

【身代金支払い後のデータ復旧率】

身代金支払い後のデータ復旧率
※ トレンドマイクロ株式会社
「企業におけるランサムウェア実態調査 2016」より
(調査対象は企業・組織のITに監査売る意思決定者および関与者

組織として正しいセキュリティスキルを持ち、対策を講じていないと、企業データ、金銭、信頼などを失い、ビジネスの継続不可など重大なリスクが発生します。
2017年5月には、WannaCryランサムウェア攻撃が蔓延し、日本を含む全世界的に多大な被害を受けました。脅威がより身近になり、組織のセキュリティ対策について、改めて考え直す機会となったのではないでしょうか。

↑ページの先頭へ戻る

時代が進んでも変わらない、セキュリティ人材の市場価値

上記のように、セキュリティ対策およびそれがでるセキュリティ人材の需要は増加の一途です。
この背景にあるのは、ITの革新による社会の大きな変革です。下図のように、新技術・新サービスが実用化されるたび、必要なセキュリティ対策が求められてきました。近年では、AIやIoT、ロボット技術などの新技術への対応が急がれる一方で、利用の拡大と比例してセキュリティの必要性も増しています。
このように、セキュリティ対策の基礎を身に着け応用ができる人材は、新技術や新サービスへチャレンジの機会があります。今後、第二・第三のデジタルトランスフォーメーションの波が来ても、セキュリティ人材は高い市場価値を維持できる人材なのです。

イメージ:ITとセキュリティリスクのトレンドの変遷
*最新のITトレンドとビジネス戦略【2018年5月版】ITの歴史と最新トレンド編(ネットコマース株式会社、2018年5月)より引用

↑ページの先頭へ戻る

豊富なトレーニングラインナップ

これからセキュリティに携わる方への基礎的なコースから、セキュリティを専門に扱う技術者の方が最新技術に対応するための学びなおしや資格取得を目的としたコースなど、幅広いコースをご用意しています。
ご自身や組織の求めるセキュリティスキルを、体系的に修得するための受講コースのご提案や、コースカスタマイズのご相談もお受けします。セキュリティ人材育成でお悩みの際は、ぜひご相談ください。

セキュリティ人材育成 トレーニングマップ

セキュリティ人材育成 トレーニングマップ 情報セキュリティ対策 リテラシー編 ~組織の一員としての必須知識~ 情報セキュリティ対策 技術概要編 ~セキュリティを支える基礎技術~ ISMS審査員研修コース5日間コース【JRCA承認】 情報セキュリティ対策 CSIRT編 ~サイバー攻撃への処方箋を学ぶ~ クラウドセキュリティ 情報セキュリティ対策 システム構築編 ~ネットワークセキュリティとID管理~ Linuxセキュリティ 情報セキュリティ対策 ログ分析編 ~攻撃の足跡を見逃さない技術~ HL945S 情報セキュリティ エッセンシャルズ<含認定試験> 【ベンダートレーニング】AWSセキュリティ 【ベンダートレーニング】ネットワーク仮想化 【ベンダートレーニング】Microsoft セキュリティ 【ベンダートレーニング】トレンドマイクロ集合研修 【ベンダートレーニング】Ciscoセキュリティ 【ベンダートレーニング】Palo Alto Networks集合研修 情報セキュリティ 監査人【JASA認定】 CND(Certified Network Defender)コース (3日間開催) セキュリティ 集合研修:情報セキュリティ管理 セキュリティ 集合研修:セキュリティ実務向け セキュリティ 集合研修:SANS セキュリティ 集合研修:CISSP
セキュリティ対策関連資格のご案内

↑ページの先頭へ戻る

研修コンシェルジュにご相談ください!

研修のことなら、何でもご相談ください。
研修コンシェルジュが貴方の研修計画をサポートします!ご相談費用は無料です。
お問い合わせフォームでは、お問い合わせ区分に「研修コンシェルジュ」をお選びください。

研修コンシェルジュに相談する

「研修コンシェルジュ」とは?