ホーム > AWS Technical Essentials

AWS Technical Essentials

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  1日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  77,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  AWC0092V
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2022年4月5日(火) ~ 2022年4月5日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年4月26日(火) ~ 2022年4月26日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年5月13日(金) ~ 2022年5月13日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年5月27日(金) ~ 2022年5月27日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年6月10日(金) ~ 2022年6月10日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年6月28日(火) ~ 2022年6月28日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年7月5日(火) ~ 2022年7月5日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年7月12日(火) ~ 2022年7月12日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年7月29日(金) ~ 2022年7月29日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年8月2日(火) ~ 2022年8月2日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年8月9日(火) ~ 2022年8月9日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年8月19日(金) ~ 2022年8月19日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年8月30日(火) ~ 2022年8月30日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年9月2日(金) ~ 2022年9月2日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年9月9日(金) ~ 2022年9月9日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年9月13日(火) ~ 2022年9月13日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年9月22日(木) ~ 2022年9月22日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年9月30日(金) ~ 2022年9月30日(金)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

※本コースはAWC0063V AWS Practical Starup Workshopの後継コースです。2022/4/1以降に開講します。
Amazon Web Services(AWS)をこれから使い始める方に最適

AWSクラウド環境でのインフラ構築を中心に、基本のサービスを1日で学習できるコースです。
シナリオベースの演習を通じて、手を動かしながら各サービスの特徴を学びます。
講義中心の前提コース AWS Cloud Practitioner Essentials と合わせてのご受講がおすすめです。




ステップアップを目指す方へのご案内

上位コースへのロードマップや、認定資格についてご紹介します。

重要なご連絡・ご確認事項

受講前の事前準備作業について

本コースでは、Gilmore社より発行される電子テキストを使用します。
同社の電子テキストの閲覧には、無償の電子ブックビューワーBookshelf が必要です。

ご受講当日スムーズにテキスト閲覧を開始するために、あらかじめ Bookshelfアカウント登録作業をお済ませください。
すでにアカウントをお持ちの方は、登録アカウントとパスワードでログインができることをご確認ください。

対象者情報

対象者
このコースは以下のような方を対象としています。
• AWS のサービスについて技術的な利点を説明する担当者
• AWS の利用を開始する方法について学ぶことに関心をお持ちの方
• システム運用管理者
• ソリューションアーキテクト
• 開発者
前提条件
このコースを受講するにあたって、以下の前提条件を満たしておくことをお勧めします。
□ IT 部門での業務経験(必須)
□ 一般的なアーキテクチャとコンポーネント(サーバ、ネットワーク、データベース、アプリケーションなど)に関する基本的な知識(必須)
□クラウドコンピューティングに関する基本的な知識(推奨)
□分散システムや多層アーキテクチャに関する基礎的な知識(推奨)

学習内容の詳細

コース概要
AWS Cloud Practitioner Essentials(またはAWS Technical Essentials 1) で修得した知識を使い、実際に AWS でシステムを構築、運用する演習(ラボ)中心のコースとです。
このコースでは、AWS のコアサービスを使った Web システムを構築および運用するための基本的な操作を、実際に行う能力を身につけることができます。このコースは AWS を利用する技術者、すなわちソリューションアーキテクト、システム運用管理者、デベロッパーの方を対象にデザインされています。

本コースはAWS Cloud Practitioner Essentials(AWC0062V)(またはAWS Technical Essentials 1(AWC0026V)) をご受講された方に、ラボを中心により実践的な経験を積んでいただくよう設計されたコースになりますので、続けてのご受講を強く推奨します。

※本コースはAWC0063V AWS Practical Startup Workshopの後継コースです。2022/4/1以降に開講します。
学習目標
● AWS サービスに関連する用語と概念を説明する
● AWS マネジメントコンソール画面を操作する
● AWS のセキュリティ対策および AWS Identity and Access Management (IAM) の主要概念を説明する
● Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)、AWS Lambda、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) など、AWS のコンピューティングサービスを区別する
● Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)、Amazon DynamoDB、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) を含む AWS のデータベースおよびストレージ製品について理解する
● AWS のネットワーキングサービスを理解する
● Amazon CloudWatch のモニタリング機能にアクセスして設定する
学習内容
1. Amazon Web Services (AWS) の紹介
 - AWS の製品とサービスに関連する用語と概念
 - AWS マネジメントコンソール
 - AWS のセキュリティ対策および AWS Identity and Access Management (IAM) の主要概念

2. AWS コンピューティング
 - Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) の主要な概念を明確に説明する
 - Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) について説明する
 - Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) について説明する
 - AWS Fargate について説明する
 - AWS Lambda について説明する

3. AWS ネットワーキング
 - Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC)
 - サブネット、ルーティングテーブル
 - ネットワークアクセスコントロールリスト (ネットワーク ACL)
 - セキュリティグループ
 - ホストベースのファイアウォール
 - Amazon VPC フローログ

4.AWS ストレージ
 - ストレージタイプ
 - Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)
 - Amazon Elastic File System (Amazon EFS)
 - Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)

5. データベース
 - AWS のデータベースの利点
 - データベースのタイプ
 - Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)
 - Amazon DynamoDB

6. モニタリング、ロードバランシング、およびスケーリング
 - Amazon CloudWatch モニタリング機能
 - Elastic Load Balancing
 - Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) Auto Scaling

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
本コースで扱うAmazon Web Servicesのサービスは以下の通りです。
・Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)
・Amazon Virtual Private Cloud (VPC)
・Amazon Simple Storage Service (S3)
・Amazon Elastic Block Store (EBS)
・AWS Identity and Access Management (IAM)
・Amazon Relational Database Service (RDS)
・DynamoDB
・Auto Scaling
・Elastic Load Balancing
・Amazon CloudWatch など
※仮想マシンのオペレーティングシステムは、Amazon Linuxを使用します
演習/デモ内容
シナリオベースの実機演習を通して、ユースケースに応じた各サービスの設定を実際にAWSの管理コンソールで確認することができます。

Lab1. AWS Identity and Access Management (IAM) 入門

Lab2. Amazon EC2 で従業員名簿アプリケーションを起動する

Lab3. VPCを作成し、EC2 で従業員名簿アプリケーションを再作成する

Lab4. Amazon S3 バケットを作成する

Lab5. Amazon DynamoDB を実装して管理する

Lab6. 高い可用性を持つアプリケーションを構成する

ご注意・ご連絡事項

・弊社経由でお申込みされた場合、APNパートナー割引は適用されませんのであらかじめご了承ください。
・ご受講前に、電子ブックビューア【BookShelf】のアカウント登録をお済ませください。
・ご受講当日、電子テキスト閲覧用の各種デバイス(スマートフォン、タブレット、ノートPC等)を研修会場へお持ち込みいただいても結構です。