ホーム > .NETシステムプログラミング ~.NET Framework,マルチスレッド,コレクション,ストリームなど~

.NETシステムプログラミング ~.NET Framework,マルチスレッド,コレクション,ストリームなど~

期間  3日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  187,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  MSC0467G
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年8月2日(月) ~ 2021年8月4日(水)

オンラインLive

  空席あり

実施確定

2021年8月30日(月) ~ 2021年9月1日(水)

オンラインLive

  空席あり

2021年10月18日(月) ~ 2021年10月20日(水)

オンラインLive

  空席あり

2021年12月20日(月) ~ 2021年12月22日(水)

オンラインLive

  空席あり

2022年1月24日(月) ~ 2022年1月26日(水)

オンラインLive

  空席あり

2022年3月7日(月) ~ 2022年3月9日(水)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

Microsoft .NET Frameworkが提供する、マルチスレッド、非同期I/O、シリアライズ、暗号化、WCFサービスなどの高度な機能を活用したい方にお奨めです。


重要なご連絡・ご確認事項

・オンラインで参加する際、演習環境にはGoogle Chromeでアクセスしてください。

【本コースはオンライン対応です】※一部日程をオンラインで開催しています


会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、PCやタブレット等を通してオンラインでご参加いただけます。


  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら

対象者情報

対象者
・.NETプラットフォームでシステムを開発される方
・Windowsアプリケーション開発者
・Webアプリケーション開発者
・コンポーネントやサービスの開発者
前提条件
□C#またはVisual Basicの基本文法を理解している
□Microsoft Visual Studioの基本操作ができる
□オブジェクト指向プログラミングの用語、仕組みの知識があり実践できる
□リレーショナル データベースの概念を理解している
□SELECT,UPDATE,INSERT,DELETEの各ステートメントを使用して基礎的なSQL文を構築できる
□あるいは以下のコースを受講済みか同程度知識があること

-「C#によるオブジェクト指向プログラミング(MSC0591G)」

-「Visual Basicによるオブジェクト指向プログラミング(MSC0466G)」

学習内容の詳細

コース概要
Microsoft .NET Frameworkが提供するさまざまなAPI (Application Programming Interface)を利用して、マルチスレッド、非同期I/O、データのシリアライズ、逆シリアライズ、WCFサービスの公開と利用といった、分散システム開発に欠かせない高度な機能について学習します。
学習目標
● .NET Framework のクラスを利用してスレッド セーフなマルチスレッド処理および非同期処理を実装する
● 型の定義の冗長性を排除し、利用頻度の高いインターフェイスを実装する
● データの整合性を管理し、アプリケーションのセキュリティと安全性を確立する
● ストリームからの読み取りと書き込みを実装する
● データのシリアル化と逆シリアル化を実装する
● WCF を使用して、サービスを公開し利用するカスタムイベントを利用したアプリケーションを作成する
学習内容
1. マルチスレッドの制御
 - 並列処理のためのタスク
 - スレッドとスレッドプール
 - タスク並列ライブラリ
 - 非同期処理の実装
 - リソースの同期とロックによるスレッドセーフな実装

2. 型の作成と使用
 - 部分型と部分メソッド
 -【参考】名前付き引数/省略可能な引数
 - インデックス付きプロパティ
 - インターフェイスの実装
 -【参考】ガベージコレクション
 - 文字列の操作

3. アプリケーションのセキュリティの実装
 - 正規表現による入力形式の検証
 - ジェネリックコレクション
 - ハッシュアルゴリズム
 - 対称暗号化と非対称暗号化
 - アセンブリのバージョン管理
 -【参考】リフレクションの実装

4. データアクセスの実装
 - ストリームの読み取りと書き込み
 - 非同期I/O 操作の実装
 - データのシリアル化と逆シリアル化

5. WCF サービスの公開と利用
 - WCF 概要
 - WCF の 3 要素
 - インスタンス管理
 - メッセージ交換パターン
 - データ コントラクト
 - エラー コントラクト
 - セキュリティ
 - トランザクション

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
Visual Studio 2019
Microsoft .NET Frameowrk 4.7.2
演習/デモ内容
演習 1 マルチスレッドの制御
- スレッド使用しないGUIアプリケーション
- スレッドプールを使用したGUIアプリケーション
- Taskを使用したGUIアプリケーション
- バックグラウンドのスレッドからコントロールを操作する(オプション)

演習 2 型の作成と使用
- Studentクラスの定義
- StudentクラスにIComparableインターフェイスを 実装する

演習 3 セキュリティの実装
- 入力データを検証する

演習 4 データ アクセスの実装
- データアクセス専用のクラスを作成する
- DataAccessクラスにシリアライズ機能を追加する
- DataAccessクラスに暗号化機能を追加する

演習 5 WCF サービスの公開と利用
- 簡単な計算処理をするWCFサービスの構築
- (参考演習) データアクセスサービスを利用するアプリケーション

ご注意・ご連絡事項

・オンラインで参加する際、演習環境にはGoogle Chromeでアクセスしてください。
・コースの内容は変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。

受講者の声

●『取り上げているトピックは、実際の現場で使う内容が網羅されており非常に好感をもった。』