ホーム > テスト設計(機能テスト)~効率的に漏れの無いテスト設計手法を習得~

テスト設計(機能テスト)~効率的に漏れの無いテスト設計手法を習得~


期間  1日間 時間  10:00~17:00
価格(税込)  46,200円(税込) 主催  株式会社SHIFT
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  SWC0055R
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2024年3月5日(火) ~ 2024年3月5日(火)

SHIFT(オンライン)

  お問い合わせください

2024年3月5日(火) ~ 2024年3月5日(火)

SHIFT(新宿文化クイントビル)

  お問い合わせください

2024年3月14日(木) ~ 2024年3月14日(木)

SHIFT(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年3月27日(水) ~ 2024年3月27日(水)

SHIFT(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年4月1日(月) ~ 2024年4月1日(月)

SHIFT(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年4月4日(木) ~ 2024年4月4日(木)

SHIFT(新宿文化クイントビル)

  お申し込み後確認

2024年4月15日(月) ~ 2024年4月15日(月)

SHIFT(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年5月7日(火) ~ 2024年5月7日(火)

SHIFT(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年5月14日(火) ~ 2024年5月14日(火)

SHIFT(新宿文化クイントビル)

  お申し込み後確認

2024年5月20日(月) ~ 2024年5月20日(月)

SHIFT(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年6月3日(月) ~ 2024年6月3日(月)

SHIFT(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年6月7日(金) ~ 2024年6月7日(金)

SHIFT(新宿文化クイントビル)

  お申し込み後確認

2024年6月17日(月) ~ 2024年6月17日(月)

SHIFT(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年7月4日(木) ~ 2024年7月4日(木)

SHIFT(新宿文化クイントビル)

  お申し込み後確認

2024年7月8日(月) ~ 2024年7月8日(月)

SHIFT(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年7月29日(月) ~ 2024年7月29日(月)

SHIFT(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年8月9日(金) ~ 2024年8月9日(金)

SHIFT(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年8月9日(金) ~ 2024年8月9日(金)

SHIFT(新宿文化クイントビル)

  お申し込み後確認

2024年8月26日(月) ~ 2024年8月26日(月)

SHIFT(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年9月5日(木) ~ 2024年9月5日(木)

SHIFT(新宿文化クイントビル)

  お申し込み後確認

2024年9月9日(月) ~ 2024年9月9日(月)

SHIFT(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年9月24日(火) ~ 2024年9月24日(火)

SHIFT(オンライン)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

・弊社経由で他社主催研修へお申込みの場合、弊社が「訓練の実施機関」ではないため、人材開発支援助成金の申請書類にトレノケートは署名できません。「主催」欄をご確認ください。本研修コースはトレノケート経由のお申込では人材開発支援助成金の申請ができない旨を予めご了承のうえ、お申込みください。

対象者情報

対象者
・テスト設計の技法と具体的な実践方法を習得したい方
・担当者によって異なるテスト設計を改善し標準化したい方
・網羅的なテスト設計にしようとすると組合せが膨大になりお困りの方

◎開発者
◎テスト設計者
○テスト実行者
前提条件
□特にありません

学習内容の詳細

コース概要
本講座では、網羅的かつ効率的なテスト設計手法を学びます。
実践的な演習を通して、実務ですぐに活用できるスキルを身につけることができます。

ユーザーから要求された機能を満たしていることを検証する、ブラックボックステストの代表格「機能テスト」。
多くのエンジニアが経験されていると思いますが、実は、この「機能テスト」…奥が深いんです!手法によって生産性、品質を格段に上げることが出来ます。

テストの抜け漏れによって本番稼働後にバグが出る、工数が限られており無限にテストを増やすわけにはいかない、そんなお悩みをお持ちではないでしょうか?
・テストケースを減らすと網羅性が落ちる、一方で、網羅性を気にしてテストケースを増やすと時間や工数が足りなくなる。
・テスト設計の進め方が人によって違うので、テスト密度がコントロールできない。
上記のようなお悩みをお持ちの方には必見です。

テスト対象をもれなく洗い出す方法や、テスト観点を効率的に展開する方法、適切な組み合わせ技法の選択など、
ソフトウェアテスト専門会社SHIFTで実際に使用されている「テスト設計」手法を余すところなく伝授致します。
学習目標
● 基本的なテスト設計プロセスが理解でき、効率的で必要十分なテストケース設計ができるようになる
学習内容
1. テスト設計の基礎

2. 確認項目一覧作成実践

3. パターン表作成実践

4. テスト設計書チェック実践

※内容は変更になる場合もあります。

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
使用ツール
・Microsoft Excel

ご注意・ご連絡事項

・株式会社SHIFTの開催コース(ヒンシツ大学)お申込みはコース開始日の7営業日前までとさせていただきます。
・キャンセル/日程変更につきましては、コース開始日の7営業日前までは無償でお受けいたします。
・株式会社SHIFTの個人情報取り扱いに関する規定は、弊社Webサイトの当社以外の第三者が提供する講習会の提供条件に掲載しています。
http://www.trainocate.co.jp/gkinfo/3rdparty.html
お申込いただいた際には、株式会社SHIFTの個人情報の取り扱いにも同意いただいたものとみなします。