ホーム > EC-Councilセキュリティエンジニア養成講座: CND (Certified Network Defender)

EC-Councilセキュリティエンジニア養成講座: CND (Certified Network Defender)

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  3日間 時間  9:30~18:00
価格(税込)  360,800円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義 コースコード  SCC0336V
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2022年1月11日(火) ~ 2022年1月13日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年2月16日(水) ~ 2022年2月18日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年3月23日(水) ~ 2022年3月25日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年4月26日(火) ~ 2022年4月28日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年6月15日(水) ~ 2022年6月17日(金)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

▼EC-Council日本販売代理店グローバルセキュリティエキスパート株式会社のCND紹介動画を是非ご覧ください

※ブラウザの関係によりこのページ上で表示されない場合は、こちらを参照ください。

【本コースはオンライン対応です】

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら
★サテライト受講の詳細こちら

 「Liveサテライト大阪/名古屋」の日程は、PCやNW環境準備不要でオンライン研修をトレノケートの教室(大阪・名古屋)でご受講いただけます。

■教室実施コース希望の場合は、以下リンクより4日間コースへお申し込みください。

重要なご連絡・ご確認事項

本コースは、2021年7月開催分より「CND v2」にバージョンアップします。


受講料金には、3日の座学、物理テキストおよび電子テキスト(閲覧期限1年間)、演習環境iLabsのID (6か月間有効)、認定資格試験バウチャ(受講開始後1年以内に受験が必要)を含みます。認定資格試験は受講期間とは別に設定されます。


申込締切:コース開始日の12営業日前まで
日程/受講者変更:コース開始日の12営業日前まで


CND認定試験概要についてはこちらをご確認ください。

事前登録のお願い
受講前日までにiLabsアカウント及びASPENアカウントの登録をお願いいたします。
iLabs

①EC-Councilコース初受講の場合:マニュアルP4まで進める(個人情報登録画面で「Save」を押すまで)

過去にEC-Councilコース受講済みの場合:マニュアルP6を進める
ASPEN


対象者情報

対象者
・情報セキュリティ対策を必要とするネットワーク技術者
・企業のCSIRT/SOCの技術者
前提条件
□ネットワークの概念についての基礎的な知識を有していること
(ネットワークエンジニア経験2年以上)
□Cisco CCNA、CompTIA Network+またはSecurity+、IPA ネットワークスペシャリストの資格保有者または同等のスキル保有者


下記の様な実務経験があると講座内容がより理解しやすい
□ネットワークの監視
□各種サーバの構築
□ネットワーク構築/運用
□ネットワークトラブルシュート
□パケット解析

学習内容の詳細

コース概要
ネットワーク技術者はエンタープライズネットワーク環境やエンタープライズとクラウドとのハイブリッドなネットワーク環境を構築・管理しています。
ネットワーク技術者がITセキュリティインシデントの初期段階からセキュリティに関する防御、検知、対応、そしてリスクの予見ができれば、企業や組織は、事態の悪化を最小限にすることができ、ネットワークの構築や再構築時にも潜在的なリスクを排除することができます。また、リスクの予見を含む継続的で動的なセキュリティサイクルに基づいたセキュリティシステムを構築、運用、改善することにより、サイバー犯罪者の先を行くことができます。
CND (認定ネットワークディフェンダー)は、組織が包括的なネットワークセキュリティシステムを作成および維持するために役立つネットワークセキュリティコースです。組織のセキュリティについてどの部分をレビュー、テストする必要があるかを特定し、ネットワークのリスクを防止、軽減するために、ネットワークセキュリティ技術者に求められるスキルの習得を支援します。
学習目標
本コース終了後に以下ができることを目標にしています。
● ネットワークのセキュリティ設計・構築・運用にかかわる全般的な知識
ゼロトラスト/エンドポイントセキュリティ、クラウドセキュリティ、仮想ネットワークセキュリティ
● セキュリティインシデントの分析と対応方法を習得
● 基本的なセキュリティコントロール・技術スキルの習得
● 国際認定資格 認定エシカルハッカー認定試験の合格
学習内容
20のモジュールから、包括的に学習できます。

<イントロ>
1. ネットワーク攻撃と防御戦略
2. ネットワークセキュリティ管理

<防御: ネットワーク境界>
3. ネットワークセキュリティ技術
4. ネットワーク境界セキュリティ

<防御: エンドポイント>
5. エンドポイントセキュリティーWindows
6. エンドポイントセキュリティーLinux
7. エンドポイントセキュリティーモバイルデバイス ・・・New
8. エンドポイントセキュリティーIoT ・・・New

<防御: アプリケーションとデータ>
9. アプリケーションのセキュリティ管理 ・・・New
10. データセキュリティ ・・・New

<防御: エンタープライズクラウド>
11. エンタープライズ仮想ネットワークセキュリティ ・・・New
12. エンタープライズクラウドネットワークセキュリティ ・・・New
13. エンタープライズワイヤレスネットワークセキュリティ

<検知>
14. ネットワークトラフィックの監視と分析
15. ネットワークログの監視と分析 ・・・New

<対応>
16. インシデントレスポンスとフォレンジック調査
17. 事業継続とディザスタリカバリ ・・・New

<予見>
18. リスク管理によるリスク予測
19. 攻撃対象領域分析により脅威評価 ・・・New
20. サイバー脅威インテリジェンスによる脅威予測 ・・・New

実習/演習内容詳細

演習/デモ内容
演習環境iLabsは、様々な環境を想定した、独自のトレーニングシステムです。
利用者毎に完全に分離された、手軽で安全な攻撃できる仮想演習環境を提供します。

関連試験や資格との関連

EC-Council認定試験 CND認定試験

ご注意・ご連絡事項

・本コースのお申し込みには、メールアドレス、氏名のローマ字表記、英語会社名が必要です。
・メールアドレスは個人で使用できるものをご用意ください(gmailなどのフリーメールでも可)。グループでの共用のメールアドレスは使用できませんのでご注意ください。
・また、オンラインLiveにお申し込みされる方は物理テキストをお送りするため、送付先住所、電話番号が必要となります。
・ご受講にあたって、誓約書類(コースで習得した技術等を悪意を持って使用しない旨をご誓約いただくもの)への署名が必要となります。
・受験については、ご受講の皆様に別途ご案内します。
【本コースはオンライン対応です】
・会場が「オンラインLive」の日程はオンラインでご参加いただけます。
・「Liveサテライト大阪/名古屋」の日程は、オンライン研修をトレノケートの教室(大阪会場・名古屋会場)でご受講いただけます。