ホーム > データエンジニアリング実践コース

データエンジニアリング実践コース

期間  2日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  110,000円(税込) 主催  株式会社キカガク
コース種別  集合研修  
形式  講義+演習 コースコード  MAC0024R
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2022年9月29日(木) ~ 2022年9月30日(金)

Kikagaku(オンライン)

  お申し込み後確認

2022年11月24日(木) ~ 2022年11月25日(金)

Kikagaku(オンライン)

  お申し込み後確認

2023年1月24日(火) ~ 2023年1月25日(水)

Kikagaku(オンライン)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

重要なご連絡・ご確認事項

現状は、オンラインで実施しております。

オンライン研修には、Zoomを利用します。
ご受講にあたり以下の資料をご参照いただき、問題ないことをご確認の上お申し込みください。

また、お申込に際し以下が必要になります。(必須)
・zoomサイトへのサインアップ(アカウント登録)
ご対応の上、お知らせくださいますようお願いいたします。

対象者情報

対象者
・データエンジニアリングの知識を基礎から体系的に理解したい方
・ビックデータにおけるデータ処理の設計を学びたい方
・クラウドを活用したビックデータを取り扱う一連の流れと構築スキルを身につけたい方

学習内容の詳細

コース概要
ビックデータの活用を見据え、データの収集・大規模処理・蓄積・機械学習モデルの運用について Azure を用いて学ぶ講座です。

データ処理を体系的に学ぶ
ビックデータのユースケースに対するソリューションを設計・実装し、様々な種類のデータの扱い方と実装力を身に着けます。

活用例で実装スキルを習得
データエンジニアリングの基礎知識から、アーキテクチャの構築・処理の自動化を一気通貫で学び、実装するスキルを習得します。
学習目標
● データの取得からデータ分析までビックデータアーキテクチャの設計、提案・実装ができる
● データの種類に合わせて、データを活用可能な状態にできる
● Azure を用いた一連の実装を通して、アーキテクチャ設計の要点を抑えている
学習内容
-1日目-

1. イントロダクション
  - データエンジニアリングとは
  - データエンジニアの位置づけ
  - OLTPとOLAP

2. ビックデータアーキテクチャ
  - ビックデータアーキテクチャの全体像
  - データ処理の構成要素
  - バッチ処理とストリーム処理のユースケース

3. バッチ処理基盤の構築
  - バッチ処理基盤の構築の考慮事項
  - 環境構築
  - データのレプリケーション
  - ビックデータ処理(ノンコード)
  - PySpark を用いたビックデータ処理
  - まとめ

-2日目-

4. イントロダクション
  - 1 日目の振返り
  - 事例紹介

5. ストリーム処理基盤の構築
  - ストリーム処理基盤の考慮事項
  - 環境構築
  - ストリーム処理基盤の開発
  - PowerBI での結果の可視化

6. データ活用
  - 機械学習とデータエンジニアリング
  - 機械学習モデルの開発(ノンコード)
  - 機械学習モデルのパイプライン作成
  - 機械学習モデルの再学習の自動化とスケジューリング

7. データエンジニアリングの基盤の設計の演習
  - 課題定義
  - 設計
  - 発表
  - まとめ

ご注意・ご連絡事項

・本コースは、株式会社キカガク主催のコースです。
・ご受講前に必ず当社Webサイトにて最新のコース内容をご確認ください。
・受講予定のお客様が所定の人数に満たない場合には、コースの開催を中止させていただく場合がございます。
・お申込のキャンセルは講習会開始日15日前(当該日が当社休業日の場合は、直前の営業日)までにご連絡ください。
・締切日を過ぎてのキャンセル(全日程欠席の場合を含む)は、キャンセル料として受講料の全額をお支払いいただきます。