ホーム > IT人材のための『聴く』力 ~IT現場において顧客や利害関係者の話を深く掘り下げる聴き方~

IT人材のための『聴く』力 ~IT現場において顧客や利害関係者の話を深く掘り下げる聴き方~

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  1日間 時間  9:30~17:00
価格(税込)  60,500円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+演習 コースコード  HSC0212G

対応チケット/ポイント等

  • Select6
    Select6
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2022年2月25日(金) ~ 2022年2月25日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年7月15日(金) ~ 2022年7月15日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年9月22日(木) ~ 2022年9月22日(木)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

IT現場業務でよくあるケースを題材にした演習・ロールプレイを通して、『聴く』スキルを体験的に学習します。顧客から要求/要件を聴く場面だけでなく、社内・社外を問わず利害関係者から話を聴く場面で広く活用できるスキルを学習します。

対象者情報

対象者
ITに関わる業務(ITプロジェクトチーム、IT運用・保守チーム、IT企画部門等)において、以下に該当する方
・社内外の利害関係者の話をきちんと聴き、効率よく仕事を進めたい方
・聴くことが苦手な方、もっと上手に聴き、生産性を上げたい方
・聴く力を高め、より高い成果を出したい方
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
ITプロジェクト、IT運用・保守、IT企画等、ITの現場では利害関係者から話を聴く場面が多くあります。
聴く場面において利害関係者の話を深く掘り下げて聴くことができると、その後の仕事で手戻りが少なくなるばかりか、仕事をより円滑に進められ、成果にもつながりやすくなります。
「聴く力」はすべてのコミュニケーションの基本ですが、「聴き上手」になるには練習が必要です。

このコースでは、顧客へのヒアリングや社内外の利害関係者との打ち合わせ場面など、ビジネスシーンにおける「聴く場面」を想定した演習を繰り返し行います。
自分の強みと弱みを明確にし、受講者固有の「聴き方ポイント」を探し、実務でつかえる「聴き方」ポイント集を作成します。
学習目標
●相手の言いたいことを丁寧に聴き、深く理解する
●相手の言えていないことを深く掘り下げて聴く
●相手の言いたいことと自分の理解の差を最小にする
●自分なりの「聴き方」ポイント集を作成する
学習内容
1. オープニング
  【演習】相手のプロフィールを聴き出す

2. 聴き上手とは
  - 「聴き上手」とは
  - 「徹底的に聴く」ことで目指すこと
  【演習】相手の食べたいものを聴き、買ってくる

3. とにかく練習! (ロールプレイ→メモ作成→確認→相互フィードバック)
  ‐ 聴けなくなる3つの落とし穴
  ‐ 聴くときに必要な知識とスキルとマインド
  【演習】質問を考える
 【演習】ヒアリングの場面で、相手の解決したいことを聴く 
 【演習】総合演習:10分間で徹底的に聴き、聴き切る
 【演習】相手の気づきを聴く

4. まとめとふりかえり
 【演習】【まとめとふりかえり】自分なりの「徹底的に聴く」ポイント集

実習/演習内容詳細

演習/デモ内容
講義、ロールプレイ、グループワーク、ディスカッション、ライティング(書く)、ぺアでの作業などを行います。

ご注意・ご連絡事項

コース内容は、変更になる可能性があります。
演習は、学習の進捗、受講者のレベルやニーズによって、追加したり変更したりすることがあります。
顧客から要求を引き出すスキルをロールプレイを通じて学びたい方は、「要求引き出しスキル実践ワークショップ(SWC0032G)」をご受講ください。
IT人材以外のビジネスパーソンの方は、「【1Day REAL】徹底的に『聴く』力(HSC0197G)」をご受講ください。