ホーム > Google Cloud Platform Fundamentals: Core Infrastructure

Google Cloud Platform Fundamentals: Core Infrastructure


期間  1日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  55,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+ハンズオン コースコード  GGC0001V
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2024年3月7日(木) ~ 2024年3月7日(木)

オンラインLive

  キャンセル待ち

実施確定

2024年4月17日(水) ~ 2024年4月17日(水)

オンラインLive

  空席あり

2024年5月15日(水) ~ 2024年5月15日(水)

オンラインLive

  空席あり

2024年6月12日(水) ~ 2024年6月12日(水)

オンラインLive

  空席あり

2024年7月10日(水) ~ 2024年7月10日(水)

オンラインLive

  空席あり

2024年8月7日(水) ~ 2024年8月7日(水)

オンラインLive

  空席あり

2024年9月4日(水) ~ 2024年9月4日(水)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

1日のクラスルームトレーニングで、Google Cloud Platform のプロダクトとサービスの概要を学習します。

キャンペーン・イベント情報

▼Google Cloud™ が公開しているVirtual Instructor Led (トレノケートではオンラインLive)に関する動画です!
日本語字幕の利用方法:右下にある設定マーク(歯車のマーク)をクリック→字幕をクリック→自動翻訳をクリックし日本語を選択ください。

重要なご連絡・ご確認事項

※下記の事前必須手続きが完了していない場合は、ご受講頂けませんのでご注意ください。本手続きが完了しておらず、当日ご受講頂けなかった際は有償キャンセルとなります※

【ご受講前の必須手続き】

ご受講日までに、下記リンクよりプライバシーポリシー及び利用規約にご同意の上、トレーニングシステム「Qwiklabs」のアカウントを作成ください。
Qwiklabsアカウントとコース申込時の受講者メールアドレスは、同一のメールアドレスをご使用ください。

https://trainocate.qwiklabs.com/?locale=ja

自動返信メールにはglobalknowledge-jp.qwiklabs.comからアクセスしてくださいと表示される場合がありますが、同じサイトであるため問題ありません。

既にtrainocate.qwiklabs.comのQwiklabsアカウントをお持ちの方は再作成の必要はございません。


受講証明書発行条件は、全日程の80%以上の出席率または、最低80%以上のラボの完了が必須となりますのでご注意ください。


【本コースはオンライン対応です】※一部日程をオンラインで開催しています


会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、PCやタブレット等を通してオンラインでご参加いただけます。


  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら

対象者情報

対象者
・Google Cloud をこれから使用しようとしているエンジニア (アプリケーション開発者、運用担当者、ソリューション アーキテクト)
・Google Cloud でビジネスニーズを満たすことができるか評価したいと考えているビジネス意思決定者
前提条件
□Linux の基本的なコマンドライン操作ができること
□ウェブの仕組みやウェブサーバーに関する基礎的な知識があること
□nano や vi などのテキスト エディタの基本的操作ができること

学習内容の詳細

コース概要
本コースでは、Google Cloud の重要なコンセプトと用語、基本的なプロダクトとサービスの概要を学習します。講義、デモ、ハンズオンラボを通して、Google Cloud の多数のコンピューティング サービスとストレージ サービス、そしてリソースとポリシーを管理するための重要なツールについて比較しながら学ぶことができます。
学習目標
● Cloud Console と gcloud CLI を使用して Google Cloud の基本的な操作ができる
● Google Cloud のリソース階層とIAMによるリソースへのアクセス制御の方法を説明できる
● Google Cloud のコンピューティング オプション(Google Compute Engine, Google Kubernetes Engine, Cloud Run, Cloud Functionss)の概要を説明でき、ユースケースに応じて適切に選択できる
● 複数ある Google Cloud のストレージ オプション(Cloud Storage, Cloud SQL, Cloud Spanner, Firestore, Cloud Bigtable)の概要を説明でき、ユースケースに応じて適切に選択できる
学習内容
モジュール 1: Google Cloud とは
  - IaaS と PaaS
  - Google Cloud ネットワーク
  - 環境への影響
  - セキュリティ
  - オープン API とオープンソース
  - 料金と課金

モジュール 2: クラウドにおけるリソースとアクセス
  - Google Cloud のリソース階層
  - Identity and Access Management (IAM)
  - Cloud IAM のロール
  - サービスアカウント
  - Cloud Identity
  - Google Cloud の操作

モジュール 3: クラウドにおける仮想マシンとネットワーク
  - Virtual Private Cloud (VPC) ネットワーク
  - Compute Engine
  - 仮想マシンのスケーリング
  - VPC の互換性に関する重要な機能
  - Cloud Load Balancing
  - Cloud DNS
  - Cloud CDN
  - VPC へのネットワーク接続

モジュール 4: クラウドのストレージ
  - Cloud Storage
  - Cloud SQL
  - Cloud Spanner
  - Firestore
  - Cloud Bigtable
  - ストレージ オプションの比較

モジュール 5: クラウドのコンテナ
  - コンテナの概要
  - Kubernetes と Google Kubernetes Engine

モジュール 6: クラウドのアプリケーション
  - Cloud Run
  - Cloud Functions

実習/演習内容詳細

演習/デモ内容
ラボ1:Cloud Marketplace を使ってみる (オプション)
ラボ2: VPC ネットワーキングと Google Compute Engine を使ってみる
ラボ3: Cloud Storage と Cloud SQL を使ってみる
ラボ4: Hello Cloud Run

ご注意・ご連絡事項

※手続きが完了していない場合は、ご受講頂けませんのでご注意ください。本手続きが完了しておらず、当日ご受講頂けなかった際は有償キャンセルとなります。
【事前必須手続き】
リンクよりトレーニングシステム「Qwiklab」アカウントの作成ください。
申込時Qwiklabアカウントのメールアドレスを受講者様メールアドレスに記載ください。
※受講証明書発行条件は、全日程の80%以上の出席率または、最低80%以上のラボの完了が必須となりますのでご注意ください。

おすすめのコースフロー図を見る