ホーム > Cisco High-End Lab BOOT CAMP 3 ~SD-Access, SD-WAN, Automation & Programmability~

Cisco High-End Lab BOOT CAMP 3 ~SD-Access, SD-WAN, Automation & Programmability~


期間  5日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  495,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  CSC0453G

対応チケット/ポイント等

  • 40 CEクレジット
    Cisco継続教育プログラム対応クレジット数
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2024年3月25日(月) ~ 2024年3月29日(金)

オンラインLive

  キャンセル待ち

2024年6月10日(月) ~ 2024年6月14日(金)

オンラインLive

  空席あり

2024年7月1日(月) ~ 2024年7月5日(金)

オンラインLive

  キャンセル待ち

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

テクノロジごとに多数の演習を行い、CCIE Enterprise Infrastructure Lab試験に求められる知識を深めるステップアップコースです。
CCIE Enterprise Infrastructure Lab試験に要求されるスキルを習得するために、CCIEレベルの高度で複雑なネットワーク要求を満たす実践的なコンフィギュレーションを実習主体で学習します。

CCIE合格のためにはCisco High-End Lab BOOT CAMP 1(CSC0449G)及びCisco High-End Lab BOOT CAMP 2(CSC0450G)と組み合わせたご受講を推奨いたします。

重要なご連絡・ご確認事項

■Ciscoサイトへのアカウント登録
本コースのテキストをお渡しする際、Cisco社へ登録したシスコアカウントが必要となります。
アカウントをお持ちでない方は、下記を参考に受講時までにご用意ください。

ご登録、ご確認方法
1. アカウントの作成 (既にお持ちの方は2へ)
https://learningspace.cisco.com/ より、[今すぐ登録する] をクリック

2. Cisco Learning Network Spaceにログインする
https://learningspace.cisco.com/ より、[ログイン] をクリックし、作成したアカウントでログインができることを確認


【本コースはオンライン対応です】※一部日程をオンラインで開催しています

会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。

  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら


■オンラインで参加される場合
電子テキスト、リモートラボの接続にGoogle Chromeブラウザを使用します。

対象者情報

対象者
・CCIE Enterprise Infrastructure資格を目指す方、合格のために自分の弱点を克服したい方
・シスコ製品についての豊富な経験をもっており、シスコ製品を使用した大規模かつ高度なネットワークの構築をされる方
前提条件
以下の項目をすべて満たしている方、あるいは同等レベルの知識をお持ちの方
□ ENCOR
□ CSAU(CSC0451V)
□ ENAUI(CSC0438V)
□ IBNTRN(CSC0448V)
□ SDWFND(CSC0446V)
□ ENSDWI(CSC0445V)

学習内容の詳細

コース概要
このコースは、CCIE Lab試験のSD-Access,SD-WAN,Automation & Programmability テクノロジ セクションの対策としてトレノケートが提供する難関コースです。
最新のテクノロジであるSDNとDevNetの知識について、受講者自身の現在の到達レベルを測定し、CCIE Enterprise Infrastructure Lab試験に合格するためのオペレーションテクニックを、5日間の実践的、集中的な実習作業で習得します。
また、演習用の機材として、DNA CenterやvManage/vBond/vSmartといった貴重なリソースを直接操作することができます。これら高額な機材は個人の受験者が用意することが非常に困難であるため、CCIE試験の対策を効率的に進める上で、この研修は非常に貴重な機会と位置づけることができます。
なお、この研修コースが提供する演習課題は試験本番と同様に全て英語で提示されるため、CCIE本番受験に向けたリハーサルの場としても役立ちます。
学習目標
● CCIE Enterprise Infrastructure Lab試験で必要とされるSD-Access、SD-WAN、Automation & Programmabilityの設定ができる
● SD-Access、SD-WANテクノロジが提供する各種機能を、主にGUIから操作できる
● Python、RESTCONF、GuestShell等を活用し、プログラムでネットワークを制御できる
● DNA Center、vManageを専用のAPIで操作できる
● 英語で記述された設問文を読解し、要求事項を理解して判断できる
● Lab試験で要求されるスキルと、自分のスキルおよび弱点を認識し、克服する
学習内容
1. SD-WAN Section
 - Deploy SD-WAN VPN 0
 - Overlay Routing
 - OMP Update Filtering
 - Route Leaking
 - Redistribution from OMP into Local LAN
 - Control VPN Traffic
 - Local Breakout
 - VPN Membership Policy
 - TLOC Extensions
 - VPN Topology

2. SD-Access Section
 - Initial Registration Of One Device To DNA
 - Device Discovery And Underlay NW
 - Create And Apply Template
 - Configure Application Policy
 - Preparing For SD-Access 
 - Creating An SD-Access Fabric
 - Configure Communication Between VNs
 - Configure Communication With Shared Service

3. Automation & Programmability Section
 - Operating Router With YANG Interface
 - Retrieve Router's Information With RESTCONF
 - Selecting Target Routers Flexibly
 - Enabling GuestShell In IOS-XE
 - Handling VirtualPortGroup Network
 - Running Python In GuestShell
 - Obtaining BGP Status In Python
 - EEM Policy Script With Syslog Pattern
 - EEM Policy Script With cron
 - EEM Policy Script With Syslog
 - Standard Python Script With Watchdog
 - Standard Python Script With GuestShell
 - DNA Center API
 - vManage API First Step
 - Improve Efficiency Of vManage API Execution

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
Cisco
- DNA Center v1.3.1.7
- ISE v2.6.0.156
- Catalyst 9300 v15.0(2)SE5
- Catalyst 9200 v16.12.06
- vManage v20.7.1.1
- vBond v20.6.1
- vSmart v20.6.1
- CSR 1000v 16.12.05

関連試験や資格との関連

シスコ技術者認定試験 CCIE Enterprise Infrastructure

コース関連付加情報

ご注意・ご連絡事項

・コース受講期間中の月曜夜~金曜朝までの間、トレノケートラボへのリモート接続(無償)を提供します。
・出張にてご受講の場合は、リモートラボ接続サービス(無償)のためにノートPCを持参ください。
 トレノケートではノートPCの貸し出しサービスは行いません。また夜間の緊急対応などはありません。
・なお、トレノケートラボへのリモート接続サービスは予告なく終了することがありますので、あらかじめご了承ください。

講師からのメッセージ

インストラクター
このコースは実践的な実機演習で、CCIEに必要な技術・知識を確実に身につけて頂きます。
また、CCIE対策を行う上で、英語に対して苦手意識を持つ方が多くいらっしゃいますが、英語が苦手な方もCCIE Lab試験特有の英語読解力も養うことができます。
受講期間中、ご希望の方には個別に効率的な学習方法もアドバイスもいたします。
皆様のご受講を心よりお待ちしています。

おすすめのコースフロー図を見る