ホーム > (速習)Microsoft DevOps ソリューションの設計と実装 (AZ-400T00)バウチャー付き

(速習)Microsoft DevOps ソリューションの設計と実装 (AZ-400T00)バウチャー付き

期間  3日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  254,100円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+演習 コースコード  MSC0751V

対応チケット/ポイント等

  • キャンペーン
    キャンペーン対象コース
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2022年1月12日(水) ~ 2022年1月14日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年2月8日(火) ~ 2022年2月10日(木)

オンラインLive

  空席あり

2022年3月16日(水) ~ 2022年3月18日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年6月27日(月) ~ 2022年6月29日(水)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

MCP試験「AZ-400:Microsoft Azure DevOpsソリューション」受験予定の方に最適です。本コースにはMCPバウチャがついています。


【本コースはオンライン対応です】
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、PCやタブレット等を通してオンラインでご参加いただけます。
  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。
★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら

キャンペーン・イベント情報

Microsoft Partner of the Year受賞記念特別キャンペーン 実施中!
Microsoft Partner of the Year 受賞記念特別キャンペーン
キーワード「MSWA2021」を入れてコースを申し込みすると、キャンペーン特別価格(定価の10%オフ価格)で受講できます! バウチャも特別価格でご提供中です。
詳しくはこちらをご覧ください。

重要なご連絡・ご確認事項

重要: 事前準備について

●テキストおよび演習ガイドについて
 本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(日本語)を使用します。演習ガイドはマイクロソフト社から提供される英語版テキストをベースに、最小限の日本語化を行なった補足資料を使用します。
 電子テキストのプラットフォームはskillpipeを使用します。事前にアカウントを作成しておくことをおすすめします。

●マイクロソフトアカウントの事前作成のお願い
 本コースでは、演習用のAzure サブスクリプション(Student Pass)を使用します。Student Pass の有効化にマイクロソフトアカウントが必要となるため、事前にご用意ください。アカウントの作成方法はマイクロソフト サポートWebページをご覧ください。
 なお、作成時は必ず「新しいメールアドレスを取得」で作成願います。Student Passに割り当てたマイクロソフトアカウントは、別のStudent Passには使用できないため、将来別のコース受講に支障をきたすためです)

対象者情報

対象者
本コースの対象者は、DevOps プロセスの実装、もしくは Microsoft Azure DevOps Solutions 認定試験合格に関心がある、DevOps に関連するエンジニアです。
前提条件
Azure、バージョン管理、アジャイルなソフトウェア開発、およびコア ソフトウェア開発の原則に関する基本的な知識を有すること
• ソフトウェアを開発提供する組織でのソフトウェア開発・運用経験があること

学習内容の詳細

コース概要
本コースでは、DevOps のプロセスとプラクティスを設計および実装するための知識とスキルを提供します。受講者は、DevOps の計画、ソース管理の使用、企業向け Git の拡張、アーティファクトの統合、依存関係管理戦略の設計、秘密情報の管理、継続的統合の実装、コンテナ構築戦略の実装、リリース管理ワークフローの設計、導入パターンの実装、フィードバック メカニズムの最適化などを実行する方法を学習します。
学習目標
• 目標とスケジュールを共有して変換を計画する
• Enterprise DevOps 用に Git を活用する
• ソース規制措置を移行し、統合する
• アプリケーション構成と秘密を管理する
• Azure DevOps を使用した継続的統合を実装する
• パッケージのセキュリティとライセンスの評価にアクセスするために、ビルド パイプラインを構成する
• セキュリティとコンプライアンスを管理する
• リリース パイプラインのコンポーネントを定義する
• リリース パイプラインでリリース管理を定義する
• 適切なデプロイ パターンを選択する
学習内容
1. DevOps の計画
  - 変革の計画
  - プロジェクトの選択
  - チーム構造
  - DevOps への移行

2. ソース管理の開始
  - ソース管理とは
  - ソース管理の利点
  - ソース管理システムの種類
  - Azure Repos の概要
  - GitHub の概要
  - Team Foundation Version Control (TFVC) から Azure Repos の Git への移行

3. 技術債務の管理
  - 技術債務の特定
  - チーム内での知識共有
  - GitHub Codespaces による開発環境の最新化

4. エンタープライズ DevOps 用の Git の操作
  - Git リポジトリを構築する方法
  - Git 分岐ワークフロー
  - Azure Repos でのプル要求とのコレーション
  - Git フックの重要性
  - 内部ソースの育成
  - Git リポジトリの管理

5. Azure パイプラインの構成
  - DevOps のパイプラインの概念
  - Azure Pipelines
  - ホスト型エージェントと自己ホスト エージェントの使用を評価する
  - エージェント プール
  - パイプラインとコンカレンシー
  - Azure DevOps とオープンソース プロジェクト (パブリック プロジェクト)
  - Azure Pipelines YAML と Visual Designer

6. Azure Pipelines を使用した継続的な統合の実装
  - 継続的な統合の概要
  - ビルド戦略の実装
  - Azure Pipelines との統合
  - 外部ソース管理を Azure Pipelines と統合する
  - セルフホステッド エージェントの設定

7. アプリケーション構成とシークレットの管理
  - セキュリティの概要
  - 安全な開発プロセスの実装
  - アプリケーション構成データの再考
  - 秘密、トークン、および証明書を管理する
  - ID 管理システムとの統合
  - アプリケーション構成の実装

8. GitHub アクションとの継続的インテグレーションを実装する
  - GitHub のアクション
  - GitHub アクションとの継続的インテグレーション
  - GitHub アクションのシークレットを保護する

9. 依存関係管理戦略の設計と実装
  - 依存関係のパッケージ化
  - パッケージの管理
  - 成果物移の移行と統合
  - パッケージ セキュリティ
  - バージョン管理戦略の実装

10. リリース戦略の設計
  - 継続的デリバリーの紹介
  - リリース戦略の推奨事項
  - 高品質のリリース パイプラインの構築
  - 適切なリリース管理ツールの選択

11. Azure Pipelines を使用した継続的デプロイの実装
  - リリース パイプラインの作成
  - 環境のプロビジョニングと構成
  - タスクとテンプレートの管理とモジュール化
  - 自動統合と機能テスト自動化の構成
  - 健康検査の自動化

12. 適切なデプロイ パターンの実装
  - デプロイ パターンの概要
  - Blue Green デプロイの実装
  - 機能の切り替え
  - カナリア リリース
  - ダーク ローンチ
  - A/B テスト
  - プログレッシブ エクスポージャーデプロイ

13. (割愛) Azure ツールを使用したインフラストラクチャと構成の管理

14. (割愛) Azure で利用可能なコード ツールとしてのサード パーティ インフラストラクチャの使用

15. (割愛) Docker を使用したコンテナーの管理

16. (割愛) Kubernetes サービス インフラストラクチャの作成と管理

17. (割愛) 開発チーム向けのフィードバックの実装

18. (割愛) システム フィードバックのメカニズムの実装

19. (割愛) DevOps プロジェクトでのセキュリティの実装

20. (割愛) コンプライアンス向けのコード ベースの検証

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
• Microsoft Azure
• Visual Studio Code

関連試験や資格との関連

MCP試験 AZ-400:Microsoft Azure DevOpsソリューション

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は予告なく変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。
・本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキストを使用いたします。
・本コースでは、公式カリキュラムの 13 章から 21 章の講義および演習を割愛して実施いたします。
※研修で配布するテキストには、13 章から 21 章の内容も含まれています。

おすすめのコースフロー図を見る