ホーム > HQ7H8S AI Foundation <含認定試験>

HQ7H8S AI Foundation <含認定試験>


対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  2日間 時間  10:00~18:00
価格(税込)  176,000円(税込) 主催  日本ヒューレット・パッカード
コース種別  集合研修  
形式  講義+試験 コースコード  MAC0031R
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2024年3月18日(月) ~ 2024年3月19日(火)

HP(ライブオンライン)

  お申し込み後確認

2024年8月22日(木) ~ 2024年8月23日(金)

HP(ライブオンライン)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

・弊社経由で他社主催研修へお申込みの場合、弊社が「訓練の実施機関」ではないため、人材開発支援助成金の申請書類にトレノケートは署名できません。「主催」欄をご確認ください。本研修コースはトレノケート経由のお申込では人材開発支援助成金の申請ができない旨を予めご了承のうえ、お申込みください。

対象者情報

対象者
・EXIN AI Foundation資格取得を目指す方。
・AIの基礎を学びたいと考えている営業、コンサルタント、エンジニア。
前提条件
□特にありません

学習内容の詳細

コース概要
AI (人工知能)は、システムを使用して人間の知的行動を模倣するための方法論であり、ご存知のとおり幅広い分野で利用が進んでいます。
このトレーニングは、AIを理解する上での基本を学びます。持続可能で倫理的で堅牢なAIを理解し、その利点と課題についても紹介します。
このコースはまた、EXIN BCS Artificial Intelligence Foundation 認定資格の対策コースであり、模擬試験等の試験対策により資格取得を目指す内容になっています。
AIの基礎を学ぶコースであり、ノンテクニカルの内容を多く含みます。機械学習やDeep Learning等のテクニカルについて学びたい方は別コースをご検討下さい。

※コース概要は、予告なく変更されることがございます。
学習目標
このコースを受講すると以下を理解することができるようになります。
● 人間を中心とする倫理的で持続可能な人間とAI
● AIとロボット工学
● AIプロジェクトの利点の活用 - 課題とリスク
● 機械学習(ML)の理論と実践 - MLツールボックスの構築
● 人と機械の管理、役割、および責任 - AIの未来
学習内容
※内容は変更になる場合があります

1. 倫理的で持続可能な人間と人工知能(AI)
  - 人間知能とAIの一般的な定義を思い出す
  - 特に、倫理的で信頼できるAIの説明をする
  - 持続可能な3つの基本的な分野と国際連合が持続可能な開発ついて設定した17の目標の説明をする
  - AIが「ユニバーサルデザイン」および「第四次産業革命」の一部であることの説明をする
  - 機械学習(ML)はAIの発展に大きく寄与することの理解をする

2. AIとロボット工学
  - AIの知的エージェントの理解を示す
  - ロボットとは何かを説明する
  - 知能ロボットとは何かを説明する

3. AIの利点の適用 課題とリスク
  - 持続可能性が人間を中心とする倫理的なAIとどのように関連しているか、そして私たちの価値観がAIの活用をどのように推進し、人間、社会、組織をどのように変えるかの説明をする
  - AIの利点の説明をする
  - AIの課題の説明をする
  - AIプロジェクトのリスクの理解を示す
  - AIの可能性のを列挙する
  - AIプロジェクトの一般的な資金源を特定し、NASAの技術成熟度レベル(TRL)に関連付ける

4. AIの開始:MLツールボックスの構築方法 理論と実践
  - データから学習する方法の説明をする(機能、ソフトウェア、ハードウェア)
  - MLおよびAIエージェントの機能に役立つ一般的な特化型AI機能を思い出す

5. 人間と機械の管理、役割、および責任
  - AI(特にML)が人間と機械との連携を促進させることの理解を示す
  - 人間と機械が連携する未来の方向性の列挙する
  - プロジェクトに対する「経験から学ぶ」アジャイルアプローチの説明をする

※コース内容は、予告なく変更されることがございます。

ご注意・ご連絡事項

・本コースは日本ヒューレット・パッカード合同会社が開催いたします。
・日本ヒューレット・パッカード開催コースの受講お申込、キャンセル、日程変更はコース初日の11営業日前までとさせていただきますので ご了承ください。