ホーム > 【テレワーク実践】成果を出す!部下とのかかわり方・チーム活動 ~リモート・マネジメントの課題を明確化し、部下とチームの成果を最大化する~

【テレワーク実践】成果を出す!部下とのかかわり方・チーム活動 ~リモート・マネジメントの課題を明確化し、部下とチームの成果を最大化する~

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  1日間 時間  13:00~17:00
価格(税込)  33,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+演習 コースコード  HSV0004G
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2022年2月4日(金) ~ 2022年2月4日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年7月1日(金) ~ 2022年7月1日(金)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

本コースはオンラインLiveでの開催のみです。

対象者情報

対象者
部下やメンバのいる管理・指導者層の方
・マネジャー
・リーダー
・トレーナーなど
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
テレワークの導入に伴い、部下/メンバとのコミュニケーションが減り、課題に感じてる企業は多くあります(※)。一方、適切に部下/メンバとかかわることで互いに業務効率が高まり、様々な効果を感じている企業もあります。

このコースでは、テレワーク環境下において「部下/メンバの様子を把握し、的確にかかわり、生産性を上げたい」「部下/メンバとの関係性が強化できるかかわり方を実践したい」方に向け、生産性向上のために部下メンバと有効にかかわれるコツを持ち帰り、実際に活用できるようになることを目指します。

(※)日本労働組合総連合会「テレワークに関する調査2020」
学習目標
●オンラインで実践すべき部下とのかかわりを理解し実践できる
●チームとして成果を出すための働きかけを説明できる
学習内容
0.ウォーミングアップ
【演習】テレワークをする上でのマネジメント上の課題は?

1.オンラインで部下の状況を把握する
  - 部下の状況を把握するために、オンラインでできる対策
  - オンラインでコミュニケーションするためのかかわりのポイント
  - 【演習】部下の状況把握をする
      
2.離れた環境下でもチームとしての成果を出す
  - チーム目標を伝えるための時間をつくる
  - チームの目標と上司の思いを説明し、部下の思いや考えを確認する
  - オンライン上での報連相ルールをつくる
  - 報連相しやすくするための対策
 - 自律的な動きを促進する
  - 誤解のないフィードバックを行う
  - 【演習】上司から部下に、チームのミッションや自分の思い・考えを的確に伝える
  - 【演習】部下からの報連相に対し、適切にフィードバックする

3.まとめ
  - 【演習】より効果的なマネジメントに向けて、工夫をまとめる

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
このシリーズでは、演習を中心として体験的に学びを進めます。各章の学習目標に沿って演習を実施し、体験からの学びを持ち帰っていただくことを目的に構成しています。
テレワークの環境だからこそ、部下やメンバにどのように接していくか、気を付けるべきポイントやコツを習得し、ロールプレイングで体得していきます。オンライン会議の優位性を認識し、実際の会議に活用することを目的としています。

ご注意・ご連絡事項

・コース内容は、変更になる可能性があります。
・演習は、学習の進捗、受講者のレベルやニーズによって、追加したり変更したりすることがあります。
・演習をメインとしたコースです。
・オンラインでのコミュニケーションを体験するため、「カメラ付き」「音声でのやりとりが可能」なデバイスでのご参加をお願いいたします。