ホーム > 新入社員フォローアップ研修

新入社員フォローアップ研修

コース基本情報

コースタイトル 新入社員フォローアップ研修
コースコード HS0054CG  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:30~17:00 価格(税込) 1社様向け
主催 トレノケート
このコースは定期開催しておりません。1社様向け研修としてご要望にあわせて開催いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

★★★ このコースは定期開催しておりません。1社様向け研修としてご要望にあわせて開催いたします。★★★

4月入社の新入社員を翌年2月から3月にかけて再度集め、社会人1年目の振り返りを行う研修です。

がむしゃらに過ごした約1年を振り返り、気持ちを新たに2年目に入る準備をします。

対象者情報

対象者
・その年度に入社した新入社員
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
入社して約1年経ち、もうまもなく後輩が入社し、新入社員は初めて「先輩社員」という立場になる時期に行う研修です。
この研修では、この1年を振り返り、今後の目標を設定することを目的としています。また、先輩社員になるにあたって、後輩とどのように接していけばよいかも考えます。
ビジネスマナーの見直しと共に、後輩への指導の仕方も学びます。
学習目標
● 入社以来これまでの仕事内容をまとめることで、自分自身の仕事の「棚卸」を行う
● 同期社員の仕事を聞き、他部門の業務を理解するとともに、自分自身を再度見直すきっかけとする
● 後輩社員育成の基本的考え方を整理し、ビジネスマナーについて日常的に指導できるようになる
● 自分がどう成長していきたいかを考え、今後3ヶ月の具体的行動目標を設定する
学習内容
1. はじめに(研修概要の紹介、自己紹介など)

2. 入社からこれまでの仕事の振り返り-「職務経歴書」作成
  - 入社後1年間の自分自身の仕事を棚卸しする。
    「職務経歴書」として作成し、それをグループ内で発表する。

3. 新入社員との接し方(ディスカッション)
  - 4月から先輩になるための、後輩との接し方について考えや思いを話し合い、共通認識をつくる。

4. ビジネスマナーの見直し-新入社員に指導するには-
  - グループに分かれ、いくつかのテーマで新入社員に教えるロールプレイを実施する。
  (例:名刺交換、電話対応など)

5. 今後3ヶ月の具体的行動目標設定と自己宣言
  - 今後3ヶ月で自身に課す行動目標を設定する。
   (「3ヶ月目標設定シート」を使用)グループ内で、自己宣言する。

6. まとめとふりかえり

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
1. 入社以来の自分の仕事を棚卸する。受講前の事前課題の「職務経歴書」にまとめる内容は、「職務経歴」、「数年後の自分の姿」、「取得資格」、「読んだ本、雑誌、新聞」、「自分の強み、自分の弱み」などである。(履歴書ではない。)当日、持参した「職務経歴書」をグループメンバに発表する。自分の仕事を同期社員に理解してもらい、他者の職務経歴を聞くことで、自分との比較をする。自分の優位点、自分の足りない点を自覚し、今後、3ヶ月後に何を目指すか、具体的な目標設定をするのに役立てる。

2. 新入社員を迎える2年次社員になるにあたり、どのように新入社員と接していけばよいかと具体的に考える。ディスカッションを通じて、自分たちが職場でできる具体的行動目標を立てる。

3. 新入社員の手本となるべく、ビジネスマナーを見直す。すでに1年間の社会人経験があるので、新たにビジネスマナーを学習するのではなく、新入社員に教えるための方法をグループ単位で準備し、プレゼンテーションする。そのまま4月以降に利用できるようにする。

4. 「今後の目標設定」では、今後「3ヶ月目標」を作成する。3ヶ月目標シートは、上司とのコミュニケーションツールとして利用する。

ご注意・ご連絡事項

・「事前課題」があります。「入社以来これまでの仕事内容」を所定の職務経歴書に記入し、研修当日に持参していただきます。
・上記はカリキュラム例です。新入社員に必要なフォローアップの内容は各社各様のため、各社のニーズに合わせてカスタマイズしながら提案を進めます。「OJTに関するふりかえり」、「自社の紹介を行うプレゼンテーション演習」などを行うこともあります。開催時期は、入社年度の2月から3月初旬が一つの目安です。
詳細は、担当営業または電話番号:0120-009686にお問い合わせください。