ホーム > 【PDU対象】アクティブ・リスニング ~顧客のニーズを正しく聴き出すスキル~

【PDU対象】アクティブ・リスニング ~顧客のニーズを正しく聴き出すスキル~

  • 13 PDU (Leadership)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】アクティブ・リスニング ~顧客のニーズを正しく聴き出すスキル~
コースコード HS0052CG  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:30~17:00 価格(税込) 1社様向け
主催 トレノケート
このコースは定期開催しておりません。1社様向け研修としてご要望にあわせて開催いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

★★★ このコースは定期開催しておりません。1社様向け研修としてご要望にあわせて開催いたします。★★★

ビジネスパーソンとして必要なコミュニケーション・スキルのうち、「アクティブ・リスニング」に特化して、実践型スタイルで学習します。

対象者情報

対象者
・営業やコンサルタントなど顧客へのヒアリングをよく行う方
・部下やメンバなどとの面談を行う機会が増えた方
・その他、もっと上手に相手の話を聴き、深く正しく理解したうえで、よい提案や問題解決を行いたいと考える方
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
提案や交渉などがうまく行かないのは、プレゼンテーション能力や交渉力など以前に、相手の話をしっかり聴き、よりよく理解する努力をしていないことが原因になっていることがあります。顧客や協力会社など社外の人や、上司、同僚、部下など社内の人の「話をきちんと聴く」スキルを学習します。人は、聴きながら、自分が次に話すことを考え出してしまったり、相手の話を評価してしまったりしがちです。一方で、相手は「もっとちゃんと聞いてほしい」と不満に思っていることも多いものです。多くのロールプレイで「聴く」スキルを様々な角度から体験的に学びましょう。
学習目標
● コミュニケーションで使われる2種類のスキル(バーバル、ノンバーバル)を理解し、自分の使っているバーバル/ノンバーバルを指摘する
● 相手の話を深く聴き、正しく理解する
● 相手の言いたいことをさらに掘り下げて聞き出す
● 相手の話している内容と、それに関連する感情とを理解し、共感を示す
● 相手からの質問を正しく理解し、的確に回答する
● 自分のリスニングスキルの良い点と改良すべき点をそれぞれ3つ以上ずつ挙げる
学習内容
1. ウォーミングアップ(自己紹介、研修の進め方)

2. コミュニケーション・スキル基礎
  - バーバルとノンバーバル

3. アクティブ・リスニング
  - 聴く態度と聴かない態度(簡単な振り返り)
【演習】顧客との関係構築(ライティング)
【演習】顧客との関係構築(ロールプレイ)
  - オープン質問とクローズ質問とは
  - インタビューの構成
【演習】「質問」を使ったリスニング(ロールプレイ)
  - 内容の理解と感情の理解とは
【演習】「内容」「感情」の理解を示す(ロールプレイ)

4. 質疑応答の方法
【演習】ミニプレゼンテーション(1人5分)+質疑応答の実践(10分)+フィードバック(5分)
【演習】アクティブ・リスニングに関する気づきのまとめ(ディスカッション)

5.全体のまとめ
【演習】目標設定 ~今日から実践したいアクティブ・リスニング行動目標の設定~

ご注意・ご連絡事項

・演習ではロールプレイ、グループワーク、ディスカッション、ライティングなどを行います。リラックスして受講できるように軽装 (カジュアルウェア) でお越しください。
※ このコースは、1日ずつ分けて開催することもできます。1日目を実施し、数週間のOJT期間(実践期間)をはさみ、再集合後、2日目の内容を学習するという形態です。詳細は、担当営業または電話番号:0120-009686へお問い合わせください。