ホーム > OpenStack ファンダメンタルズ<含認定試験>

OpenStack ファンダメンタルズ<含認定試験>

コース基本情報

コースタイトル OpenStack ファンダメンタルズ<含認定試験>
コースコード NFC0188R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習+試験
期間 3日間 時間 10:00~18:00 価格(税抜) 210,000円(税抜)
主催 日本ヒューレット・パッカード
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年9月30日(月) ~ 2019年10月2日(水)

HP東京(HP本社)

  お申し込み後確認

2019年10月23日(水) ~ 2019年10月25日(金)

HP東京(HP本社)

  お申し込み後確認

2019年11月25日(月) ~ 2019年11月27日(水)

HP東京(HP本社)

  お申し込み後確認

2019年12月9日(月) ~ 2019年12月11日(水)

HP東京(HP本社)

  お申し込み後確認

2020年1月27日(月) ~ 2020年1月29日(水)

HP東京(HP本社)

  お申し込み後確認

2020年2月12日(水) ~ 2020年2月14日(金)

HP東京(HP本社)

  お申し込み後確認

2020年3月2日(月) ~ 2020年3月4日(水)

HP東京(HP本社)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

○コースの特徴(2016/10/4更新)
・日本語のテキストを使用
・一人3台の実習環境を使用
・Open Stack®のアーキテクチャから機能まで理解できる
・最初の試験に不合格でも合格するまで何度でも無料で再受験ができる
※模擬テストなどの再試験に向けてのフォロー教材はありません

○再受験方法
1.再試験日程を以下のページから確認
  ・OpenStack® ファンダメンタルズ試験<再試験> 

2.試験申込を行う
  ・受講者様が申込フォームから行います
  ・キャンペーンコード入力欄に次の10桁のコードを入力します
   JpREEXAM08 ※入力せず申込を行うと請求対象となります

対象者情報

対象者
OpenStackに基づく環境を計画し管理する管理者、エンジニア、コンサルタント
前提条件
□Linux基礎知識やクラウドの概要を理解していることが望まれます。
ご経験の少ない方は以下のコースの受講をお勧め致します。

□推奨コース
UNIX/Linuxユーザ基礎 I(LUC0092R)
UNIX/Linuxユーザ基礎 II(LUC0093R)
Linuxシステム管理1 ~システム起動からネットワークサービスの設定まで~(OU312)
クラウドコンピューティング概要 ~クラウドコンピューティングサービスの定義と利用~ (WSC0017G)

学習内容の詳細

コース概要
このコースは、OpenStack®を使ったクラウド・サービスを設定し、管理し、操作する管理者とユーザーに必要な技術を学んでいただきます。
アーキテクチャの概念から学んでいきますので、さまざまなOpenStack®の機能の理解を深めることができます。
演習では、一人3台の実習環境を使いながら OpenStack®の各機能の使用方法を学ぶことができます 。
学習目標
このコースを受講すると以下のことができるようになります。
● OpenStackの主要な特徴の理解
● OpenStackのアーキテクチャを説明
● OpenStack環境の構成
● OpenStack環境を使用したIaaS環境の管理
学習内容
1. コース概要
  - コースの目的:

2.OpenStackの紹介
  - OpenStackの概要
  - OpenStackのアーキテクチャ
    a. OpenStackの利点
    b. OpenStack Foundation
    c. OpenStack リリース履歴と今後の計画
  - HPとクラウド
    a. OpenStackへのHPの貢献
    b. OpenStackとクラウドへのHPのリーダシップ
    c. HPのパブリッククラウド - HP Cloud Services
  - OpenStackサービスへのアクセス
    a. ダッシュボード
    b. CLI
    c. API
  - 演習
    a. 演習環境の構成の確認

3. Keystone(統合認証機能)
  - Keystoneの概要
    a. ユーザー管理
    b. サービス管理
    c. 各種用語の説明
  - eystoneのアーキテクチャ
    a. 内部コンポーネント
    b. バックエンド
    c. 認証/権限付与プロセス
    d. 構成ファイル
  - Keystoneの管理
    a. ユーザー、テナント、ロールの管理
    b. CLIを使った管理
    c. RESTを使った管理
    d. cURLを使用したOpenStack APIリクエスト
    e. Horizonダッシュボードを使った管理
  - Keystoneのトラブルシューティング
  - 演習
    a. Keystoneの設定
    b. Keystone各種コマンドの実行
    c. サービス・カタログとサービス・エンドポイントの表示

4.Nova(仮想マシンの作成、管理)
  - Novaの概要
    a. 概要
    b. Novaがサポートするハイパーバイザーおよびベアメタル
    c. Novaの用語
  - Novaのアーキテクチャ
    a. 内部コンポーネント
    b. インスタンス作成時の動作
    c. 構成ファイル
  - Novaの管理
    a. コンピュートノードの作成と管理
    b. セキュリティグループの作成と管理
  - スケジューラ
    a. スケジューリング概要
    b. Novaのスケジューラ
  - Novaのトラブルシューティング
  - 演習
    a. Novaの設定
    b. Novaを使用したインスタンスの作成と管理

5.Glance(仮想マシンイメージの管理)
  - Glanceの概要
  - Glanceアーキテクチャ
    a. 内部コンポーネント
    b. Glanceでサポートされるイメージ
    c. Glanceでサポートされるストレージ
    d. 構成ファイル
  - Glanceの管理
    a. イメージの管理
    b. Glanceによるイメージの作成と設定
    c. イメージのブート
    d. インスタンスの削除
  - Glanceのトラブルシューティング
  - 演習
    a. GlanceのCLIコマンドの管理
    b. Glanceデータベースの表示
    c. ダッシュボードでのイメージの管理
    d. インスタンス作成

6.Horizon(ダッシュボード)
  - Horizonの概要
  - Horizonアーキテクチャ
  - Horizonのインストールと設定
  - Horizonの管理
  - Horizonのトラブルシューティング
  - 演習
    a. Horizonの設定確認

7.Neutron(ネットワーク管理)
  - Neutronの概要
  - Neutronアーキテクチャと使用例
    a. Neutronのコンポーネント
    b. 構成例
    c. 単一のフラットネットワーク
    d. 複数のフラット・ネットワーク
    e. フラットおよびプライベートネットワークの混在
    f. ルータープライベートネットワークの組み合わせ
    g. プライベート・ネットワークとテナント毎のルーター
    h. 構成ファイル
  - Neutronの管理
    a. ネットワークの作成
    b. サブネットの作成
    c. ポートの作成
    d. ネットワークの確認
    e. Open vSwitchを使用した方法
  - Neutronのトラブルシューティング
  - 演習
    a. Neutronの設定
    b. Neutronネットワークの作成
    c. Neutronネットワークでのインスタンスの作成
    d. インスタンスのネットワーク設定の確認

8.Cinder(ブロック・ストレージ)
  - Cinderの概要
  - Cinderアーキテクチャ
    a. Cinderの概念
    b. Cinderのサービス
    c. 構成ファイル
    d. バックエンド構成
  - Cinderの管理
    a. ボリューム作成
    b. ボリュームのアタッチ
    c. ボリュームの削除
    d. ボリュームからのブートボリュームの作成
    e. スナップショット
  - Cinderのトラブルシューティング
  - 演習
    a. Cinderによるボリューム管理
    b. CLIでのボリュームの作成と追加

9.Swift(オブジェクトストレージ)
  - Swiftの概要
  - Swiftのアーキテクチャ
    a. 内部コンポーネント
    b. リング
    c. オブジェクト
    d. パーティション
    e. リージョンとゾーン
    f. データの一貫性の管理
    g. Swiftの構成
  - Swiftの管理
    a. コンテナの作成と管理
    b. オブジェクトの作成と管理
  - トラブルシューティング
  - 演習
    a. Swift設定の確認
    b. アカウントとセキュリティの管理
    c. オブジェクトの作成と管理(CRUDオペレーション)

10.Ceilometer(メータリング)
  - Ceilometerの概要
  - Ceilometerのアーキテクチャ 
    a. Ceilometerの機能
    b. データ収集の方法
    c. データの保存
    d. アラーム
    e. 構成ファイル
  - Ceilometerの管理
  - トラブルシューティング
  - 演習
    a. Ceilometerの設定の検査
    b. 測定データの収集

11.Heat(オーケストレーション)
  - Heatの概要
  - Heatのアーキテクチャ
    a. Heatのコンポーネント
    b. Heat テンプレート
    c. Heat で可能なイメージ
  - Heatの管理
    a. テンプレートの確認
    b. スタックの作成
    c. スタックの確認
  - トラブルシューティング
  - 演習
    a. Heatサービスの開始と設定
    b. スタック作成

12.OpenStack設計計画
  - ハードウェアの検討事項
  - サービスの分離
  - 配置(リージョン、AZs、セル、その他)
  - OpenStackを有効に計画するために役立つHPのサービス

ご注意・ご連絡事項

・本コースは日本ヒューレット・パッカード株式会社が開催いたします。
・日本ヒューレット・パッカード開催コースの受講お申込は 4営業日前まで受け付けられますが、 キャンセル・日程変更は コース初日の8日前までとさせていただきますので ご了承ください。