ホーム > eラーニング 教材一覧 > [Cisco Digital]Implementing Cisco MPLS (MPLS) v3.0

[Cisco Digital]Implementing Cisco MPLS (MPLS) v3.0

標準学習時間 ---提供元 トレノケート
価格(税込)  90,750円(税込)備考 eラーニング
提供形態/付帯教材種別

ASP

商品コード CSX0506R

対応チケット/ポイント等

  • 40 CEクレジット
    Cisco継続教育プログラム対応クレジット数

重要なご連絡・ご確認事項

● 本教材は英語教材です。
● 受講期間はID発行より半年です。
● クレジット数は変更される可能性があります。最新情報はシスコ継続教育プログラムサイトをご覧ください。
● コース申込時に、Cisco.com ID (CCO ID)をご記入して頂く必要があります。
アカウントをお持ちでない方は、下記を参考にご用意ください。
ご登録、ご確認方法
1. アカウントの作成 (既にお持ちの方は2へ)
https://learningspace.cisco.com/ より、[今すぐ登録する] をクリック
2. Cisco Learning Network Spaceにログインする
https://learningspace.cisco.com/より、[ログイン] をクリックし、作成したアカウントでログインができることを確認

対象者情報

対象者
このコースの主な対象者は、MPLSテクノロジーに基づくMPLSネットワークまたはソリューションの設計、実装、またはトラブルシューティングを担当する個人です。
前提条件
    CiscoルーターでBGPを構成するスキルをお持ちの方

学習内容の詳細

コース概要
このコースは、サービスプロバイダーに適用されるMPLSテクノロジーの問題と、既存のルーティングされた環境で新しい機能を構成する方法を学習します。

MPLSは、ネットワークを介してパケットを転送するための高性能な方法です。MPLSを使用すると、ネットワークのエッジにあるルーターがパケットに単純なラベルを適用できるようになります。この方法により、エッジデバイス-サービスプロバイダーコアの中心にあるATMスイッチまたは既存のルーターが、最小限のルックアップオーバーヘッドで、ラベルに従ってパケットをスイッチングできます。MPLSは、データリンクレイヤー2のパフォーマンスとトラフィック管理機能を、ネットワークレイヤー3ルーティングのスケーラビリティと柔軟性に統合します。MPLSを他の標準テクノロジーと組み合わせて使用​​すると、サービスプロバイダーはネットワークにとって重要な付加価値機能をサポートできます。
学習内容
1. MPLS Features

2. Label Assignment and Distribution

3. Frame-Mode MPLS Implementation on Cisco IOS Platforms

4. MPLS Virtual Private Network Technology

5. MPLS VPN Implementation

6. Complex MPLS VPNs

7. Internet Access and MPLS VPNs

8. MPLS Traffic Engineering Overview

関連試験や資格との関係

シスコ技術者認定試験
なし

コース関連付加情報

ご注意・ご連絡事項

● 本教材は英語教材です。
● 受講期間はID発行より半年です。
● クレジット数は変更される可能性があります。
● コース申込時に、Cisco.com ID (CCO ID)をご記入して頂く必要があります。