ホーム > Migrating to AWS -AWS主催-

Migrating to AWS -AWS主催-

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  3日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  231,000円(税込) 主催  アマゾン ウェブ サービス ジャパン
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  AWC0112R
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2022年8月22日(月) ~ 2022年8月24日(水)

AWS(バーチャルロケーション WebEX)

  お問い合わせください

2022年10月19日(水) ~ 2022年10月21日(金)

AWS(バーチャルロケーション WebEX)

  お申し込み後確認

2022年12月5日(月) ~ 2022年12月7日(水)

AWS(バーチャルロケーション WebEX)

  お申し込み後確認

2023年1月10日(火) ~ 2023年1月12日(木)

AWS(バーチャルロケーション WebEX)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

本コースはeBookでの提供となります。

本コースの受講お申し込みを完了するには、いくつかの事前登録作業が必要です。お申し込み後にご案内資料を送付致しますので、指定期日までに必ず登録をお済ませください。ご登録完了後、お申し込み確定となります。


人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

重要なご連絡・ご確認事項

2021年9月以降の開催日程より、オンライン配信ツールが、WebEXに変更になっています。
以下のリンクより環境をご確認のうえお申し込みください。
AWS(バーチャルロケーション WebEX)

対象者情報

対象者
このコースは以下のような方を対象としています。
・ソリューションアーキテクト
・ソフトウェアエンジニア
・IT プロジェクトマネージャー
・オペレーションリード
・その他、移行プロジェクトの計画および実行に関わる担当者
前提条件
このコースを受講するにあたり、以下の前提条件を満たしておくことを推奨します。
□エンタープライズ IT インフラストラクチャ (ハードウェアおよびソフトウェア) について精通している
□AWS Technical Essentialsまたは Architecting on AWSクラスルームトレーニングを修了
□AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト認定 (任意) を取得済

学習内容の詳細

コース概要
このコースは、既存のワークロードを AWS クラウドに移行するための計画と方法を理解したい方を対象としています。さまざまなクラウド移行戦略と、ポートフォリオの検出、アプリケーションの移行計画と設計、移行の実施、移行後の検証とアプリケーションの最適化など、移行プロセスの各ステップを適用する方法について学習します。ハンズオンラボは学習を補強するためのもので、各ラボは、組織内の移行タスクを完了するために必要な知識と基盤を取得できるように設計されています。
学習目標
このコースで学習する内容

●クラウドへの移行における、一般的なビジネス上および技術上の推進要因を認識
●移行の 3 つのフェーズ、およびそれぞれに関連する目標、タスク、ステークホルダーについて要約
●AWS のアーキテクチャ、ツール、移行のベストプラクティスを説明
●さまざまなクラウド移行戦略と、それぞれの戦略が最適な時期を見分ける
●組織のアプリケーション移行の準備状況を判断
●ポートフォリオを確認し、移行に必要なデータを収集
●アプリケーション移行戦略を計画および設計
●クラウドへのアプリケーションの移行を実行して、検証
●クラウドへの移行後に、アプリケーションと運用を最適化
学習内容
1 日目

モジュール 0: Migrating to AWS の概要
     • コースの概要

モジュール 1: クラウド移行とは
     • クラウド移行の推進要因と望ましい成果をまとめる
     • 移行作業を成功させる要素を特定
     • 3 段階の AWS 移行プロセスを説明

モジュール 2: 移行の準備状況を評価する
     • 評価フェーズの活動と目標を要約
     • 組織のクラウド対応状況を評価するためのツールを評価
     • 移行準備評価 (MRA) とその重要性を説明
     • グループ演習: AWS クラウド導入準備ツール (CART) によるクラウド移行の準備状況を評価する

モジュール 3: 移行を準備して関連ワークストリームを理解する
     • プロセスのモビライズフェーズを要約
     • 移行関連の 8 つのユニークなワークストリームについて説明

モジュール 4: ランディングゾーンとその利点を確認する
     • ランディングゾーンの機能を説明
     • カスタムランディングゾーンの作成に関するベストプラクティスについて話し合う
     • AWS Control Tower を使用してランディングゾーンを作成する方法を説明

モジュール 5: ランディングゾーンを構築する
     • ランディングゾーンを構築するプロセスを要約
     • ランディングゾーンに最適な、マルチアカウント構造、ガバナンスポリシー、および接続計画を決定
     • デモ: AWS Control Tower
     • ハンズオンラボ: オンプレミスネットワークとディレクトリサービスを AWS に接続する

モジュール 6: ポートフォリオを検出して移行戦略を理解する
     • 詳細なポートフォリオ確認のワークストリームの活動について説明
     • アプリケーションの移行準備状況を評価する方法を説明
     • 7 つの移行戦略を要約する
     • グループ演習: 最適な戦略を選択する (シナリオベース)

2 日目

モジュール 7: ポートフォリオの検出ツールを理解して選択する
     • 利用可能なさまざまな検出ツールを要約
     • シナリオに応じて、どのツールを使用するのが最適かを判断
     • ハンズオンラボ: 移行に必要なアプリケーションデータを収集

モジュール 8: 移行を計画して設計する
     • 計画と設計プロセスを説明
     • 移行ファクトリのセットアップ方法を要約
     • アプリケーション移行戦略を選択し確定

モジュール 9: AWS への移行を実行する
     • サーバー移行プロセスを説明
     • 利用可能なさまざまな移行自動化ツールとガバナンスツールについて説明
     • サーバー移行ツールの環境との互換性を評価
     • ハンズオンラボ: アプリケーションを AWS に移行

モジュール 10: データベースとデータ移行サービスを理解する
     • データベースとデータ移行の重要性を要約
     • 利用可能なさまざまなデータ移行ツールについて説明
     • ハンズオンラボ: 既存のデータベースを Amazon Aurora に移行する

3 日目

モジュール 11: 移行サポートの追加オプションについて
     • その他の移行サポートオプションについて説明
     • AWS マネージドサービスと AWS マーケットプレイスを要約
     • SAP on AWS と Windows 向けに提供されるサービスについて説明

モジュール 12: アプリケーションの統合、検証、カットオーバー
     • アプリケーションを統合、検証、カットオーバーするプロセスとメリットについて説明

モジュール 13: アプリケーションの移行をモダナイズし、最適化する
     • 移行後のモダナイゼーションと最適化の機会を特定
     • コストとセキュリティの最適化プロセスについて理解
     • これらのプロセスをサポートできるツールを確認
     • ハンズオンラボ: Amazon S3 および Amazon ECS を使用してアプリケーションを最適化する

モジュール 14: オペレーションツール、統合テスト、自動化について
     • クラウドでの運用を要約
     • 運用の 4 つの機能とそのドメインについて説明
     • 運用の自動化と関連するサポートツールを確認

モジュール 15: 移行のベストプラクティス
     • コースレビューと主なポイント
     • 移行に関する AWS ベストプラクティスを要約し理解を深める
     • ハンズオンラボ: アプリケーションのデプロイを自動化する

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
■PCのお持込に関しまして
お持込は可能ですが、必須要件や事前準備がございます。
後日AWS社から送付されるメールに詳細が記載されておりますのでご覧の上、ご対応をお願い致します。
演習/デモ内容
このコースは、プレゼンテーション、ハンズオンラボ、デモンストレーション、評価、およびグループ演習で構成されています。

ご注意・ご連絡事項

・本コースはAWS社主催のコースです。
・本コース受講お申し込みは6営業日前まで、日程変更・キャンセル・受講者変更は11営業日前までです。代理受講は原則不可です。なお、キャンセル料の扱いは以下のとおりです。
・コース開始日の10営業日(当該日が当社休業日の場合は、直前の営業日)~当日のキャンセル:受講料の全額を請求
・日程変更・受講者変更は1回限りとさせて頂きます。
・本コースの受講お申し込みを完了するには、コースの開催決定後、いくつかの事前登録作業が必要です。コース開催確定後、別途ご案内資料を送付致します。各登録作業は、指定期日までに必ずお済ませくださいますようお願い申し上げます。
・弊社経由でお申込みされた場合、APNパートナー割引は適用されませんのであらかじめご了承ください。