ホーム > eラーニング 教材一覧 > [Cisco Digital]Introducing Automation for Cisco Solutions (CSAU) v1.0

[Cisco Digital]Introducing Automation for Cisco Solutions (CSAU) v1.0

標準学習時間 ---提供元 トレノケート
価格(税込)  30,250円(税込)備考 eラーニング
提供形態/付帯教材種別

ASP

商品コード CSX0542R

対応チケット/ポイント等

  • 16 CEクレジット
    Cisco継続教育プログラム対応クレジット数

重要なご連絡・ご確認事項

● 本教材は英語教材です。
● 受講期間はID発行より半年です。
● クレジット数は変更される可能性があります。最新情報はシスコ継続教育プログラムサイトをご覧ください。
● コース申込時に、Cisco.com ID (CCO ID)をご記入して頂く必要があります。
アカウントをお持ちでない方は、下記を参考にご用意ください。
ご登録、ご確認方法
1. アカウントの作成 (既にお持ちの方は2へ)
https://learningspace.cisco.com/ より、[今すぐ登録する] をクリック
2. Cisco Learning Network Spaceにログインする
https://learningspace.cisco.com/より、[ログイン] をクリックし、作成したアカウントでログインができることを確認

対象者情報

対象者
・自動化アーキテクトおよびエンジニア
・コンサルティングシステムエンジニア
・DevOpsエンジニア
・ネットワーク管理者、アーキテクト、コンサルティングエンジニア、設計エンジニア、エンジニア、オペレーター、信頼性エンジニア
・セールスエンジニア
・サイト信頼性エンジニア
・システムエンジニア
・テクニカルソリューションアーキテクト
前提条件
    □ ルーティングとスイッチングに関する基礎知識(OSPF、BGP、およびインターフェイス、SNMP、スタティックルートなど)
    □ プログラミング構造の基礎(Pythonのデータ構造とループ、条件、クラスなど)、またはPythonスクリプトの記述に3〜6か月相当の経験
    □ ファイルシステムをナビゲートしてスクリプトを実行するための基本的なLinuxコマンド
    □ テキストエディタの操作に関する知識

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、ネットワークオートメーションスキルの概要を説明します。

RESTCONFおよびNETCONFプロトコルを使用したモデル駆動型プログラマビリティソリューションでの作業など、自動化の基本を学びます。このコースでは、XML、JSON、YAML、YANGなどのデータ形式とタイプ、およびネットワークオートメーションにおけるそれらの価値、DevOpsツールなども、AnsibleおよびGitとあわせて学習します。

このコースは直接認定試験につながるわけではありませんが、専門家レベルの自動化コースや試験の準備に役立つ基礎知識をカバーしています。
学習内容
1. Examining Network Management and Operations

2. Exploring Software Development Methodologies

3. Using Python for Network Automation

4. Describing NetDevOps: DevOps for Networking

5. Managing Automation Development Environments

6. Introducing HTTP Network APIs

7. Reviewing Data Formats and Data Encoding

8. Using Python Requests to Automate HTTP-Based APIs

9. Exploring YANG

10. Using YANG Tools

11. Automating Model-Driven APIs with Python

12. Introducing Ansible for Network Automation

13. Templating Configurations with Jinja2

関連試験や資格との関係

シスコ技術者認定試験
なし

コース関連付加情報

ご注意・ご連絡事項

● 本教材は英語教材です。
● 受講期間はID発行より半年です。
● クレジット数は変更される可能性があります。
● コース申込時に、Cisco.com ID (CCO ID)をご記入して頂く必要があります。