Trainocate Japan, Ltd.

ベンダートレーニングアカウント取得のご案内

下記のITベンダーの認定トレーニングを受講される方は、事前に各ベンダーごとにアカウントの作成が必要となります。
「アカウント取得場所」欄の「●」より、各ベンダーのページへお進みください。
ベンダーによっては、IEが非対応の場合がございます。その場合は、他のブラウザをご利用ください。

後日ご登録予定の方は、このページをブックマークいただくことをお勧めします
対象ベンダー
(受講に必要なアカウント)
アカウント
取得場所
参考情報
Amazon Web Services
(Bookshelf:電子テキスト閲覧用アカウント ※1)
-
Cisco:デジタルテキスト対応コース
(Cisco.com ユーザID)
-
Cisco:Cisco Digital Learning Library
(Cisco.com ユーザID ※3)
-
Cloudera
(Cloudera トレーニングアカウント)
Google Cloud Platform
(Qwiklab:オンライン学習環境のアカウント ※4)
-
Nutanix
(e-textダウンロード用アカウント)
※2
Palo Alto Networks
(e-textダウンロード用アカウント)
※2
RedHat
(RedHat アカウント)
VMware
(myLearnアカウント)
-

★ - お申込みの手続きを完了させるために必要です。お申込み前にご登録ください。
◇ - 受講のために必要です。スムーズなご受講のため、お早目のご登録をお願いいたします。
※1 AWSのアカウントではありません
※2 onfulfillment社よりお送りするメールにてe-textのダウンロードについてご案内します
※3 お申込みフォーム内、備考欄に記入をお願いします
※4 受講者のメールアドレスとしてご入力いただいたものと同じアドレスでアカウントを作成してください