ホーム > TypeScriptイントロダクション -JavaScript応用-

TypeScriptイントロダクション -JavaScript応用-

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  2日間 時間  9:30~17:00
価格(税込)  99,000円(税込) 主催  株式会社カサレアル
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  WSC0104R
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2022年1月17日(月) ~ 2022年1月18日(火)

カサレアル(オンライン)

  お申し込み後確認

2022年2月9日(水) ~ 2022年2月10日(木)

カサレアル東京(泉岳寺)

  お申し込み後確認

2022年3月9日(水) ~ 2022年3月10日(木)

カサレアル(オンライン)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

対象者情報

対象者
・TypeScriptを導入して、Webアプリケーションのフロントエンド開発を担当する方
前提条件
□HTMLおよびCSSを利用して簡単なWebページを記述できる方
□JavaScriptを利用して簡単なWebアプリケーションを記述できる方

学習内容の詳細

コース概要
JavaScriptを大規模アプリケーション開発向けに拡張した言語「TypeScript」の基礎を学ぶコースです。

TypeScriptは、大規模な開発にも耐えるようMicrosoftによって設計開発されたJavaScriptの拡張言語です。
このコースは、JavaScriptの学習経験がある方を対象としたコースです。
コースの内容は次の通りです。
- TypeScriptの導入方法
- 基本的な文法と活用
- 型定義
- フレームワークへの導入方法

これらの内容を、随時ハンズオンを織り交ぜながら学習していきます。
このコースを受講することで、TypeScriptによる効率的で不具合が入りにくいWebアプリケーション開発が実現できるようになります。
学習目標
● TypeScriptとはどのようなプログラム言語なのかを把握できる
● TypeScriptのメリット(型安全性、高生産性など)をWebアプリケーション開発に取り入れられる
● ReactやVue.jsへTypeScriptを導入できる
学習内容
1. 概要と準備
  - TypeScriptとは
  - TypeScriptの意義
  - 開発環境の準備

2. TypeScriptの基礎
  - 型アノテーション
  - 型推論
  - 基本の利用できる型

3. 型を組み合わせる
  - ユニオン型・リテラル型
  - null安全
  - インターフェイス
  - typeエイリアス
  - ジェネリクス
  - クラス

4. コンパイルオプション
  - tsconfig.json
  - 設定項目の内訳

5. 型定義の作り方
  - アンビエント宣言
  - d.tsファイル

6. TypeScript応用
  - よくあるデザインパターンを何か作ってみる

7. フレームワークとの連携
  - ReactでTypeScriptを利用する
  - Vue.jsでTypeScriptを利用する

※最新でより良い内容をお届けするため、一部の学習項目を予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
Windows 10
TypeScript v4.x以降
Node.js v12.x以降
Webブラウザ(Google Chrome)
テキストエディタ(Visual Studio Code)
※使用するソフトウェアおよびバージョンについては予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください

ご注意・ご連絡事項

・本コースは株式会社カサレアルが開催いたします。
・株式会社カサレアル開催コースのキャンセルは9営業日前まで、日程変更・受講者変更は4営業日前までとさせていただきます。