ホーム > Angular&Spring BootによるSPA開発ワークショップ -REST、認証、ページネーション-

Angular&Spring BootによるSPA開発ワークショップ -REST、認証、ページネーション-

期間  3日間 時間  9:30~17:00
価格(税込)  165,000円(税込) 主催  株式会社カサレアル
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  WSC0100R
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイントアドバイス

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

対象者情報

対象者
・AngularやSpring Bootの基礎は学んだが、実際的にSPAアプリケーションをどう作成していくのか体験したい方
前提条件
□Windows上でフォルダを作成し、ファイルを格納整理できる
□テキストエディタを使って、新しい文章を作成し保存できる
□Angularを使って簡単なアプリケーションを作成できる
□Spring Bootを使って簡単なアプリケーションを作成できる
□『Angular 入門(WSC0093R)』、『基礎からのSpring BootによるWebアプリケーション開発 -Web、DBアクセス、REST、セキュリティ-(JAC0122R)』をご受講いただいた方もしくは、同等の技術を習得している
□ECMAScript2015以降の文法でJavaScriptのコーディングを行ったことがある

学習内容の詳細

コース概要
AngularとSpring Bootでフロントエンド(SPA)とサーバーサイド(REST API)を一気通貫に開発する手法を能動的に体験できるワークショップコースです。

一つの小規模なSPAアプリケーションをグループで作成するワークショップを実施します。
利用する技術として、Google製の高機能なAngularとサーバサイドで定評あるSpring Bootを利用します。
サーバサイドページネーション、Spring Securityを利用した認証のカスタマイズ、といった実際の開発に役立つテクニックについても取り扱う予定です。
当コースはワークショップですので、ディスカッションの時間や設計/コーディングの時間をなるべく多く取る予定です。
グループで話し合いながら実装を進め、より充実した学びの時間を取っていきたいと思います。
学習目標
● AngularとSpring Bootを使って基礎的なSPAアプリケーションを作成する
● SPAアプリケーションを設計/実装する際の"考慮するポイント"を理解する
学習内容
1. 開発環境準備

2. Spring BootによるRESTを簡単におさらい

3. サーバサイド(REST API)設計/実装ポイント
  - WebAPI URL設計
  - 簡単なCRUD処理の実装方法
  - サーバサイドページネーション
  - Spring Securityを利用した認証のカスタマイズ

4. サーバサイド(REST API)設計/実装ワークショプ

5. Angularを簡単におさらい
  - Angularコンポーネント
  - 主要なディレクティブ
  - Angular Material
  - HttpIntercepter

6. AngularとSpringの組み合わせ方法
  - 開発時のサーバー設定/ビルド設定
  - 両者のプロジェクトフォルダの構成方法

7. フロントエンド(SPA)設計/実装ワークショプ

※最新でより良い内容をお届けするため、一部の学習項目を予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。"

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
■ macOS 10.12以降
■ Angular v8以降
■ Node.js v10以降
■ TypeScript v3.5以降
■ Spring Framework 5.x
■ MyBatis 3.5
■ JDK 11以降
■ Webブラウザ(Chrome)
■ テキストエディタ(IntelliJ IDEA)
※ 使用するソフトウェアおよびバージョンについては予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。

ご注意・ご連絡事項

・本コースは株式会社カサレアルが開催いたします。
・株式会社カサレアル開催コースのキャンセルは9営業日前まで、日程変更・受講者変更は4営業日前までとさせていただきます。