ホーム > Palo Alto Networks Firewall 10.1 Essentials (PAN EDU-210)

Palo Alto Networks Firewall 10.1 Essentials (PAN EDU-210)

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  5日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  451,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  SCC0335V
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年12月20日(月) ~ 2021年12月24日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年1月31日(月) ~ 2022年2月4日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年6月20日(月) ~ 2022年6月24日(金)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

◆このコースは、パロアルトネットワークス次世代ファイアウォールの基本的な設定・管理機能を修得したい方に最適です。

※本コースは、「SCC0313V Palo Alto Networks Firewall 9.1 Essentials (PAN EDU-210)」の後継コースです。

重要なご連絡・ご確認事項

★【必ずお読みください】Palo Alto Networks EDU-210 トレーニング e-textの利用について★

・ご受講にあたり、事前に電子テキスト(e-text)のアクセス確認またはダウンロードが必要となります。

お申込み完了後にe-text案内メールが送付されますので、手順に従い研修日前日までにご準備ください。

e-text利用手順の詳細はこちら


※講習会開催日の8日前にあたる営業日(当該日が当社休業日の場合は、直前の営業日)以降は、日程変更・受講者変更をお受けできませんので、十分にご注意ください。

本コースのお申込み期限は5営業日前です。


【本コースはオンライン対応です】※一部日程をオンラインで開催しています

会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。

  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら


オンラインで参加する際、演習環境にはGoogle Chromeでアクセスしてください。

対象者情報

対象者
パロアルトネットワークス社次世代ファイアウォールに携わるエンジニアの方
前提条件
□ルーティング、スイッチング、IPアドレス等ネットワークの基礎知識
□ポートベースのセキュリティ基礎知識
□他のセキュリティ技術(IPS、プロキシ、コンテンツ・フィルタリング)経験があるとよい(必須ではない)

学習内容の詳細

コース概要
次世代ファイアウォールの先駆者として市場で高い評価を得ているパロアルトネットワークス社の認定コースです。
パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールの構成、管理、監視について、講義とハンズオン演習を交えて5日間で学習します。
学習目標
コースを修了すると、パロアルトネットワークス 次世代ファイアウォールに関して次のことができるようになります。
● ネットワークセグメンテーションを使用して攻撃対象領域を減らす
● App-IDを使用してアプリケーションを特定することで脅威をブロックする
● Content-IDを使用して既知の不正な送信元からの脅威をブロックする
● User-IDを使用してユーザーを特定することで脅威をブロックする
● ファイアウォールログを使用して脅威とトラフィック情報を表示する
学習内容
1. Palo Alto Networks Portfolio and Architecture

2. Configuring Initial Firewall Settings

3. Managing Firewall Configurations

4. Managing Firewall Administrator Accounts

5. Connecting the Firewall to Production Networks with Security Zones

6. Creating and Managing Security Policy Rules

7. Creating and Managing NAT Policy Rules

8. Controlling Application Usage with App-ID

9. Blocking Known Threats Using Security Profiles

10.Blocking Inappropriate Web Traffic with URL Filtering

11.Blocking Unknown Threats with Wildfire

12.Controlling Access to Network Resources with User-ID

13.Using Decryption to Block Threats in Encrypted Traffic

14.Locating Valuable Information Using Logs and Reports

15.What's Next in Your Training and Certification Journey

Appendix A Securing Endpoints with GlobalProtect

Appendix B Providing Firewall Redundancy with High Availability

Appendix C Connecting Remotes Sites using VPNs

Appendix D Configuring User-ID Windows Agent

※Appendix A~Dは付録です。研修では参考資料となります。

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
PAN-OS 10.1
演習/デモ内容
- 初期設定
- 構成の管理
- 管理者アカウントの管理
- セキュリティゾーン
- セキュリティポリシールール
- NATポリシールール
- App-ID
- セキュリティプロファイル
- URLフィルタリング
- WildFire
- User-ID
- 暗号化トラフィックの脅威のブロック
- ログとレポート
- (オプション)まとめ

関連試験や資格との関連

Palo Alto Networks認定試験 PCNSA (Palo Alto Networks Certified Network Security Administrator)

ご注意・ご連絡事項

・このコースには、PCNSA (Palo Alto Networks Certified Network Security Administrator)試験のバウチャーが付属します。
・テキストは英語版、演習ガイドは日本語版を使用します(日本語版のテキスト、英語版の演習ガイドはございません)。
・本コースの受講証明書は、100%の出席により発行されます。
【本コースはオンライン対応です】※一部日程をオンラインで開催しています
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。
オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。
※オンラインで参加する際、演習環境にはGoogle Chromeでアクセスしてください。
・本コースのお申し込みには、メールアドレス、氏名のローマ字表記が必要です。