ホーム > フォレンジック|ファストフォレンジック

フォレンジック|ファストフォレンジック

期間  2日間 時間  10:00~18:00
価格(税込)  209,000円(税込) 主催  株式会社サイバーディフェンス研究所
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  SCC0224R
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイントアドバイス

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

対象者情報

対象者
・サイバー犯罪捜査官
・サイバーテロ対策担当者
・組織のCSIRTメンバー
・ネットワーク管理者
・システム管理者
・インシデントレスポンス担当者
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
セキュリティインシデントやサイバー犯罪への対応において、初動対応(ファーストレスポンス)は重要なフェーズであり、現状の把握、調査対処の優先度決定(トリアージ)、証拠保全、といったアクションを迅速かつ適切に実施することが求められています。

これらのアクションを実施する上で、フォレンジックの技術要素を取り入れることにより迅速かつ正確に事象発生の原因、日時、被害範囲を特定することが期待できます。

本コースでは、当社で提供しているファストフォレンジックツールCDIRを活用しながら、Windowsを対象にファストフォレンジックに必要となる知識、技術をハンズオン形式で学びます。 CSIRTの初動対応機能を強化したい組織、外部ベンダーとの連携を前提とした組織、組織犯罪等においてデジタルフォレンジック対応を担当する方に向けた内容となっています。
学習内容
1. インシデント・レスポンス
  - 発覚 / 初動対応 / 詳細調査

2. ファストフォレンジック:データ収集
  - データ収集の考え方 / CDIR Collectorによるデータ収集 / 演習

3. ファストフォレンジック:データ解析
  - データ解析の考え方 / イベントログ / プリフェッチ / レジストリ / ジャーナル / メタデータ / インターネット / メモリ / CDIR Analyzerによるデータ解析 / 演習

4. 証拠保全
  - 保全手法 / 確認事項 / 留意点

5. 総合演習
  - 大規模な可能性のインシデントに対するファストフォレンジック

ご注意・ご連絡事項

・株式会社サイバーディフェンス研究所の開催コースのお申込みはコース開始日の15日前までとさせていただきます。
・キャンセルにつきましては、コース開始日の15日前までは無償でお受けいたします。
・各コース初日に、誓約書類(各コースで習得したハッキング技術等を悪意を持って使用しない旨をご誓約いただくもの)への署名が必要となります。