ホーム > KotlinによるAndroidアプリ開発応用

KotlinによるAndroidアプリ開発応用

コース基本情報

コースタイトル KotlinによるAndroidアプリ開発応用
コースコード PRC0105R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 3日間 時間 9:30~17:00 価格(税込) 165,000円(税込)
主催 株式会社カサレアル
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

重要なご連絡・ご確認事項

※本コースは10月開催からコース名が以下に変更となります。 「KotlinによるAndroidアプリ開発応用 -WebAPI、非同期処理、サービス-」

対象者情報

対象者
・実用的なアプリの開発をKotlinで始める方
・Androidアプリ開発のプロジェクトに今後参画される方
前提条件
□ネットワークやセンサーなどを使わない基本的なAndroidアプリを開発出来る方
□ 『KotlinによるAndroidアプリ開発入門(PRC0099R)』コースをご受講いただいた方もしくは、同等の技術を習得している方"

学習内容の詳細

コース概要
Kotlinを使って、ネットワークやカメラを使ったAndroidアプリの開発が出来るようになるコースです。

本コースは、WebAPIと連携するアプリで必要となる技術をピックアップした内容になります。そのため、簡単なAndroidアプリを開発だけでなく、より機能が充実したAndroidアプリを開発したい方におすすめするコースです。
座学と演習を通じて、HTTP通信とJSONの解析方法・カメラの簡単な利用方法・バックグラウンド処理や非同期処理を利用したアプリの開発方法を学習します。
また、外部ライブラリーを利用してアプリを構築する方法も盛り込んだり、総合演習では店舗のクーポンなどを配布するアプリを開発し、さらに各技術の位置づけを理解し演習で作成したAndroidアプリを実機上で動作確認することで理解を深めることができます。
このコースを受講することで、今どきのAndroidアプリが開発する手がかりを見つけられますよ。
学習目標
● RecyclerViewを利用し、カスタマイズしたリストを表示する方法を説明する
● HTTP通信を利用し、WebAPIのアクセス方法を説明する
● JSONの解析方法を説明する
● Serviceを利用したバックグラウンド処理の実装方法を説明する
● 非同期処理の実装方法を説明する
● ノーティフィケーションを使用したユーザへの通知方法を説明する
● カメラの簡単な利用方法を説明する
● 外部ライブラリーの利用方法を説明する
● Dangerousパーミッションの取得方法を説明する
● Fragmentの利用方法を説明する
● タブによる画面の切り替え方法を説明する"
学習内容
1. Activity終了時の戻り値

2. RecyclerViewによる一覧表示

3. AsyncTaskによる非同期処理

4. HTTP通信

5. JSONの解析

6. カメラで撮影した画像のアップロード

7. Serviceによるダウンロード

8. Notificationによる通知

9. 総合演習

10. FragmentでUIの挙動や部位を表す

11. タブによる画面の切り替え

12. 機能追加演習

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
※使用ソフトウェアについて
変更頻度が高いため、詳細につきましてはお問い合わせください。

ご注意・ご連絡事項

・本コースは株式会社カサレアルが開催いたします。
・株式会社カサレアル開催コースのキャンセルは9営業日前まで、日程変更・受講者変更は4営業日前までとさせていただきます。