ホーム > Spinnaker管理入門 SPIN50

Spinnaker管理入門 SPIN50

コース基本情報

コースタイトル Spinnaker管理入門 SPIN50
コースコード NFC0408R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 1日間 時間 9:00~17:00 価格(税込) 77,000円(税込)
主催 ミランティス・ジャパン株式会社
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

● ご受講の際には以下の仕様を備えたラップトップPC をご持参いただけますようお願いいたします。

  ・ブロックポートやファイヤウォールをオフに設定
  ・Wifi アダプター(b/g/n)  ローカルWiFiホストへの接続が必要です。
  ・Webブラウザー Google ChromeもしくはMozilla Firefox(推奨)
  ・SSHクライアント
     WindowsではputtyやCygwinなどのSSHクライアントなど
     OSXではLinuxではnative SSHクライアントなど
  ・PDFリーダー 研修用ドキュメントの表示に必要です。


人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。


対象者情報

対象者
・ソフトウェア開発者
・アーキテクト
・デプロイメント・エンジニア
前提条件
□Linuxコマンドラインの経験
□クラウドコンピューティングに関する理解
□IaaSに関する理解
□アプリケーションリリースプロセスの理解

学習内容の詳細

コース概要
Spinnaker管理入門(SPIN50)は、Spinnakerを中心にクラウド環境上におけるCD(Continuous Delivery:継続的デリバリー)に関する基礎の習得を目的とした入門コースです。
本コースでは、ソフトウェア更新を安全にかつ高い頻度で実施するための基本的な考え方(イミュータブル・インフラストラクチャ、デプロイメント戦略、自動化と運用の統合など)を中心に習得します。
Spinnakerは、大規模環境においてアプリケーションを安全かつ迅速にデプロイするための自動化ツールです。各社の提供するパブリック・クラウド上でも利用することができます。
本コースは、Kubernetesをベースとし、パブリッククラウドサービスからプライベートクラウドまで幅広く対応できる内容となっています。
本コースは、講義とハンズオン実習から構成されます。
講義では、Spinnakerによる継続的デリバリーの概要と共にSpinnakerの利点を紹介します。続いてSpinnakerアーキテクチャ、追加コンポーネント、中心機能やパイプライン機能について理解を深めます。
ハンズオン実習では、Linux上でSpinnakerの操作を行います。継続的インテグレーション用のGitHub、DockerHubのアカウント準備に続いて、Kubernetesクラスタ上へのSpinnakerのインストール並びに設定を行います。その後、Spinnakerを利用してコードコミットから商用環境上でのリリースに至るアプリケーション・デプロイメントを実習します。
学習目標
● 本コースの終了後、Kubernetes上に継続的デリバリーツールSpinnakerの設定並びに管理ができること。
また、次の点について理解すること
● Kubernetesクラスタインストレーション
● Spinnaker概要
● Spinnakerアーキテクチャ
● SpinnakerとKubernetesのインテグレーション
● Kayentaをつかったカナリーリリースの自動分析
● Spinnakerインストール
● Spinnakerパイプラインの設定と継続的デリバリー実践
学習内容
1. イントロダクション
  講義
• トレーニング内容紹介
• トレーニングの進め方など

  ハンズオン実習
• ハンズオン実習環境への接続と確認

2. Spinnaker概要
  講義
• 継続的デリバリー(CD)とは
• Spinnaker概要
• Spinnakerの機能と優位点
• 継続的インテグレーション(CI)との統合

  ハンズオン実習
• GitHub,DockerHub設定
• アプリケーションレポジトリ作成

3. Spinnakerアーキテクチャとインストール
  講義
• Spinnaker基本設計
• Spinnaker主要コンポーネント
• Helm, Halyardとの統合

  ハンズオン実習
• Spinnakerデプロイメント
• クラスター設定
• Jenkinsとの統合

4. Spinnakerによるデプロイメント管理
  講義
• Spinnakerパイプラインとは
• パイプラインの設計
• パイプライン設定
• パイプラインステージの種類と設計

  ハンズオン実習
• CI/CDパイプライン
• Kubernetes・サーバー等の環境設定
• パイプライン作成と活用

5. Spinnakerによる継続的デリバリー
  講義
• クラウドリソース概要
• Spinnakerクラウドデータモデル
• アプリケーションUI概要
• マルチクラウドアプリケーションへの対応

  ハンズオン実習
• アプリケーション管理
• ロールバック
• スケーリング

6. Kubernetesとの統合
  講義
• Kubernetes概要
• KubernetesとSpinnakerとの統合とその利点
• リソース管理

7. 高信頼性デプロイメント
  講義
• 信頼性を高めるためのデプロイメント方法

8. Kayentaによるカナリーリリース自動分析
  講義
• Kayentaの目的と利点
• Kayanta機能概要
• Kayantaレポート機能

  ハンズオン実習
• 総合演習

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
ハンズオン実習に必要な持物
・ラップトップPC
・HTML5対応のウェブ・ブラウザー
・SSHクライアント

ご注意・ご連絡事項

当コースはミランティス・ジャパン株式会社が開催いたします。
ミランティス・ジャパン株式会社の開催コースについては キャンセル:11営業日前まで / 日程変更:2営業日前まで / 受講者変更:1営業日前まで とさせていただきます。
締切日を過ぎてのキャンセル(全日程欠席の場合を含む)及び日程変更は、キャンセル料として受講料の全額をお支払いいただきます。
日程変更は同一コースにつき1回限りです。一度日程変更をしたコースをキャンセルする場合は、お申し出日に関わらずキャンセル料として受講料の全額をお支払いいただきます。