ホーム > Azure への SQL のワークロード移行 (DP-050T00)

Azure への SQL のワークロード移行 (DP-050T00)

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  2日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  143,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  MSC0800V
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年12月16日(木) ~ 2021年12月17日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年4月21日(木) ~ 2022年4月22日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年6月14日(火) ~ 2022年6月15日(水)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

重要なご連絡・ご確認事項

【本コースはオンライン対応です】

会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。

  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室とオンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら

テキストおよび演習ガイドについて
 本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(日本語)を使用します。演習ガイドはマイクロソフト社から提供される英語版テキストをベースに、最小限の日本語化を行なった補足資料を使用します。
 電子テキストのプラットフォームは skillpipe を使用します。事前にアカウントを作成しておくことをおすすめします。
 コースの内容は予告なく変更される可能性があります。
マイクロソフトアカウントの事前作成のお願い
 本コースでは、演習用のAzure サブスクリプション(Student Pass)を使用します。
 Student Pass の有効化にマイクロソフトアカウントが必要となるため、事前にご用意ください。
 アカウントの作成方法はマイクロソフト サポートWebページをご覧ください。
 なお、作成時は必ず「新しいメールアドレスを取得」で作成願います。
 (Student Passに割り当てたマイクロソフトアカウントは、別のStudent Passには使用できないため、将来別のコース受講に支障をきたすためです)
演習について
 本コースをオンラインLive受講する場合、演習を実行するには以下の条件を満たす必要があります。困難な場合は事前にご相談ください。  ・Microsoft Azureポータルサイトの利用
 ・その他Azureが提供するサービスへのHTTP/HTTPSアクセス
 ・ Azure上の仮想マシンへのリモートデスクトップ接続(RDPプロトコルの利用)

対象者情報

対象者
このコースの対象者は、Microsoft Azure に存在するデータ プラットフォーム テクノロジの移行と、既存の SQL ベースのワークロードを移行および近代化する方法について学びたいデータ プロフェッショナルおよびデータ アーキテクトです。 次に、このコースの対象となる人は、データ プラットフォームを管理するか、既存のデータ プラットフォーム テクノロジーからコンテンツを配信するアプリケーションを開発する個人です。
前提条件
受講者は、クラウド コンピューティングの概念に関する基本的な知識と、SQLソリューションの実装に関する専門的な経験を活かし、この役割を果たします。具体的には、受講の前提として次の知識が必要です。
・SQLワークロードの操作と保守
・リソースのデプロイや管理など、Azureの経験

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、データ プラットフォームのモダナイゼイションの目的と、それが特定のビジネス要件にどのように適しているかを探索します。また、データ プラットフォームのモダナイゼイション プロセスの各ステージを探索し、各ステージでどのタスクが関与するかを定義します。これには、使用可能な評価、計画、および移行ツールの探索が含まれます。これには、これらのツールの機能と、それらがデータ移行プロセスの各ステージにどのように適しているかを学習することが含まれます。
学習目標
・データプラットフォーム モダナイゼイションについて理解する
・データ移行に適切なツールを選択する
・SQL ワークロードを Azure Virtual Machines に移行する
・SQL ワークロードを Azure SQL Database へ移行する
・SQL ワークロードを Azure SQL Database Managed Instance へ移行する
学習内容
1. データプラットフォームのモダナイゼイションの概要
 - データプラットフォームのモダナイゼイションを理解する
 - 移行のステージを理解する
 - データ移行テクノロジ

2. データ移行に適したツールを選択する
 - データベース移行ガイドを検出するインベントリを構築する
 - Data Migration Assistant を使用して移行候補を特定する
 - Database Experimentation Assistant を使用してデータワーク ロードを評価する
 - SQL Server Migration Assistant を使用して SQL Server 以外のワークロードを移行する
 - Azure Database Migration Service を使用してデータを移行する

3. SQL ワークロードを Azure Virtual Machines に移行する
 - Azure Virtual Machines 上の SQL Server への移行に関する考慮事項
 - SQL Server ワークロードから Azure Virtual Machine への移行オプション
 - アプリケーションの構成と最適化

4. SQL ワークロードを Azure SQL Database へ移行する
 - Azure SQL Database への移行に関する考慮事項
 - Azure SQL Database への移行
 - Azure SQL Database にサービス継続性

5.  SQL ワークロードを Azure Managed Instances に移行する
 - Azure SQL Database Managed Instance への移行の検討事項
 - Azure SQL Database Managed Instance への移行
 - Azure SQL Database Managed Instance へのデータ同期

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
・Windows 10
・Microsoft Azure

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は予告なく変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。
・本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキストを使用いたします。
【本コースはオンライン対応です】
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。
・オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
・教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。
・本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(日本語)を使用いたします。
・演習はオンラインラボで行います。オンラインラボ内のWindows OSの言語は英語です。