ホーム > アプリケーション ワークロードの Azure への移行 (WS-050T00)

アプリケーション ワークロードの Azure への移行 (WS-050T00)

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  2日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  143,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+演習 コースコード  MSC0797V
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年11月25日(木) ~ 2021年11月26日(金)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

重要なご連絡・ご確認事項

コースの内容は予告なく変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。

【本コースはオンライン対応です】

会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。

  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室とオンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら


テキストおよび演習ガイドについて
 本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(日本語)を使用します。
 電子テキストのプラットフォームは skillpipe を使用します。事前にアカウントを作成しておくことをおすすめします。


マイクロソフトアカウントの事前作成のお願い
 本コースでは、演習用のAzure サブスクリプション(Student Pass)を使用します。Student Pass の有効化にマイクロソフトアカウントが必要となるため、事前にご用意ください。アカウントの作成方法はマイクロソフト サポートWebページをご覧ください。
 なお、作成時は必ず「新しいメールアドレスを取得」で作成願います。Student Passに割り当てたマイクロソフトアカウントは、別のStudent Passには使用できないため、将来別のコース受講に支障をきたすためです)

対象者情報

対象者
このコースはオンプレミスリソースのAzureへの移行を計画、実装、管理したり、Azure仮想マシンを他のAzureの場所に複製したりする必要があるIT管理者とスタッフを対象としています。クラウド対応戦略が従来のデータセンターアプローチよりも優れている点を活用するために、ワークロード所有者からのビジネスリクエストを受け取ってワークロードをクラウドに移行します。この役割には、組織のIT部門、ビジネスグループ、およびベンダー内のさまざまな個人とのコミュニケーションと調整が必要です。
前提条件
□「Microsoft Azure 管理者 (AZ-104T00)」(MSC0706V) 受講済みあるいは同程度の知識をお持ちの方
□オンプレミス仮想化テクノロジーの知識がある : 仮想マシン、仮想ネットワーク、仮想ハードディスク
□TCP/IP、DNS、VPN、ファイアウォール、暗号化テクノロジなどのネットワーク構成を理解できる
□ドメイン、フォレスト、ドメインコントローラー、KerberosおよびLDAPを含むActive Directoryの概念を理解している
□バックアップおよび復元操作を含む、復元力と災害復旧について理解している
□Azureポータル、Cloud Shell、Azure PowerShell、CLI、ARMテンプレートなどのAzureの使用に関する知識がある
□Azure Active DirectoryとクラウドID管理について理解している
□サブスクリプション、ユーザー、グループ、請求の管理、およびAzureポリシーについて理解している

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、ITプロフェッショナルに、既存のオンプレミスのワークロードと資産をクラウド 、特にMicrosoft Azureプラットフォームに移行する方法を説明します。受講者は、クラウド移行の準備として、既存のオンプレミス環境を評価および評価する方法を学びます。また、Azureベースのワークロードを監視および最適化して投資収益率(ROI)を最大化する方法、およびAzureサービスを使用して仮想マシン、アプリケーション、およびデータを保護および管理する方法についても学習します。
学習目標
● 移行の各フェーズに固有のツールとサービスを特定する
● Azureに移行するためのオンプレミスワークロードを検出して評価する
● アプリの依存関係のマッピングと評価のカスタマイズを使用して、環境のより詳細なプロファイリングを取得する
学習内容
1. Azure 移行の計画および評価
 - クラウド移行 - ビジネスの動機付け、目標および結果
 - 検出および評価
 - ラボ – オンプレミス環境の検出と評価

2. データ移行の概要
 - Azure Data Box
 - データベースの移行
 - ラボ - オンプレミスの SQL Server データベースを Azure SQL Managed Instance に移行する

3. Azure Migrate Server Migration を使用して移行を実施する
 - Azure Migrate サービスによる移行の概要
 - VMware - エージェントレスの移行
 - VMware - エージェント ベースの移行
 - 移行したワークロードのセキュリティ保護 
 - ラボ – 仮想マシンを Azure にレプリケートする
 - Microsoft Migration Factory を使用したデータセンターの移行

4. Azure におけるバックアップとディザスター リカバリー
 - Azure Backup の概要
 - Azure IaaS のバックアップを実行する
 - Azure から Azure Site Recovery へ
 - アプリケーションのディザスター リカバリー

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
・Windows 10
・Microsoft Azure

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は予告なく変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。
【本コースはオンライン対応です】
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。
・オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
・教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。
・本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキストを使用いたします。