ホーム > JavaによるMVVMなAndroidアプリ開発 -ViewModel、LiveData、データバインディング、Room、 ThreadとrunOnUiThread-

JavaによるMVVMなAndroidアプリ開発 -ViewModel、LiveData、データバインディング、Room、 ThreadとrunOnUiThread-

期間  2日間 時間  9:30~17:00
価格(税込)  110,000円(税込) 主催  株式会社カサレアル
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  JAC0139R
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年12月8日(水) ~ 2021年12月9日(木)

カサレアル(オンライン)

  お申し込み後確認

2022年1月24日(月) ~ 2022年1月25日(火)

カサレアル東京(泉岳寺)

  お申し込み後確認

2022年3月9日(水) ~ 2022年3月10日(木)

カサレアル(オンライン)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

対象者情報

対象者
・MVVMのアーキテクチャでAndroidアプリを開発したい方
前提条件
□『JavaによるAndroidアプリ開発応用(PRC0087R )』コースをご受講いただいた方もしくは、同等の技術を習得している方

学習内容の詳細

コース概要
Androidアプリ開発をより実践的なものにするためには、モダンなアーキテクチャを適用することが役立ちます。
このコースでは、モダンなアーキテクチャを適用した、Androidアプリ開発の技術を習得します。

モダンなアーキテクチャを用いたAndroidアプリを、Javaで開発したい方におすすめのコースです。
本コースでは、様々なAndroidアプリで採用されているMVVMを取り入れた設計で開発する方法を学習します。
Android Jetpackに含まれているライブラリなどのコンポーネントを活用した、Androidアプリ開発が出来るようになります。
より実践的な実装方法を習得したい方におすすめするコースです。
コースはハンズオン形式で進めていき、Androidアプリ開発を実際に体験できる多くの機会をご用意しているため、座学で知識のみを学習するよりも深く身につけることができます。
学習目標
● Android Jetpackのライブラリーについて説明する
● MVVMを用いたアプリ開発のアーキテクチャについて説明する
● リアクティブプログラミングの実装方法について説明する
学習内容
1. MVVMの概要

2. ViewModel

3. データバインディング

4. ThreadとrunOnUiThread

5. LiveData

6. Room

7. 総合演習

※上記スケジュールは予定となり、当日変更する可能性がありますのでご了承ください。
※最新でより良い内容をお届けするため、一部の学習項目を予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
■ Android Studio
■ Android 4.4~8
■ Android端末
※使用するソフトウェアおよびバージョンについては、予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。

ご注意・ご連絡事項

・本コースは株式会社カサレアルが開催いたします。
・株式会社カサレアル開催コースのキャンセルは9営業日前まで、日程変更・受講者変更は4営業日前までとさせていただきます。