ホーム > Java Webアーキテクチャー概要

Java Webアーキテクチャー概要

コース基本情報

コースタイトル Java Webアーキテクチャー概要
コースコード JAC0130R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 1日間 時間 9:30~17:00 価格(税込) 55,000円(税込)
主催 株式会社カサレアル
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年12月16日(月) ~ 2019年12月16日(月)

カサレアル東京(泉岳寺)

  お申し込み後確認

2020年2月12日(水) ~ 2020年2月12日(水)

カサレアル東京(泉岳寺)

  お申し込み後確認

2020年3月2日(月) ~ 2020年3月2日(月)

カサレアル東京(泉岳寺)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

対象者情報

対象者
・Javaで大規模なWebアプリケーションを設計することになった方
・Javaの基本的な書き方は覚えたが、それがWebアプリケーション開発にどう繋がるかを知りたい方
前提条件
□Javaで簡単なプログラミングができること
(クラスをインスタンス化し、変数に代入できること)
(条件分岐や繰り返しが書けること)

学習内容の詳細

コース概要
JavaでWebシステムを開発するには、アーキテクチャーの理解が不可欠です。
本コースでは、サンプルコードを参照しながらJava EEとSpring Frameworkの2大フレームワークのアーキテクチャーを短期間で学びます。

本コースでは、Javaを利用したWebシステムの開発経験がない方を対象として、JavaテクノロジーやWebシステム・アーキテクチャーの全体像を短期間で把握していただくためのコースです。
Javaには似たような役割のテクノロジーが複数提供されているため、要件にあわせて最適なテクノロジーを選択しアーキテクチャーを構築しなければなりません。
まずWebシステムの基本的な仕組みを説明したうえで、Java EE及びSpringの2つの代表的なフレームワークを対象とし、各テクノロジーの特徴や役割、それらを組みわせてWebシステムを構築する方法についてご紹介します。
Javaを利用したWebシステム開発について学習を始めようとしている方はもちろん、設計やプロジェクト管理のために全体像を把握しておきたい方、StrutsやSeasar2などのフレームワークからの移行を考えている方にもおすすめです。
学習目標
● Javaで大規模なWebアプリケーションを作る時に、要件に合わせてテクノロジーを選択する
● それぞれのテクノロジーを利用する際に必要なコンポーネントとその関係が説明する
学習内容
1. Webアプリケーションとは?
  - クライアントとサーバ
  - HTTP(リクエスト/レスポンス)
  - Webページを構成する要素
  - RESTful Webサービス

2. Webアプリケーションのアーキテクチャ
  - Webシステムアーキテクチャ
  - レイヤーアーキテクチャ
  - フレームワークとは?

3. Java EEで構築する
  - CDIとEJB
  - JSFとJAX-RS
  - JPA

4. Spring Frameworkで構築する
  - Spring FrameworkのDI
  - Spring MVC
  - Spring JDBC
  - Spring Boot

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
※使用ソフトウェアについて
変更頻度が高いため、詳細につきましてはお問い合わせください。

ご注意・ご連絡事項

・本コースは株式会社カサレアルが開催いたします。
・株式会社カサレアル開催コースのキャンセルは9営業日前まで、日程変更・受講者変更は4営業日前までとさせていただきます。