ホーム > SAS(R) による統計解析

SAS(R) による統計解析

コース基本情報

コースタイトル SAS(R) による統計解析
コースコード DBC0038R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 10:00~17:00 価格(税込) 121,000円(税込)
主催 SAS Institute Japan株式会社
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

本コースは、SAS認定試験「SAS®認定プロフェッショナル SAS Clinical Trials Programmer Using SAS® 9」および「SAS®認定プロフェッショナル SAS Statistical Business Analyst Using SAS® 9:Regression and Modeling」の準備にも適しています。

 

関連コース: SASプログラミング1:必須要素(DBC0032R)


人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

対象者情報

対象者
・連続的なまたは質的な応答変数(従属変数)に対する分析をSASプログラミングによって行うことを考えている統計解析担当者、研究者およびビジネス・アナリスト
前提条件
□「SASプログラミング1:必須要素(DBC0032R)」を受講済みか、同程度の知識のある方

学習内容の詳細

コース概要
本コースは、SAS/STAT® を使用して統計解析を行うSASのユーザー向けです。t検定、線形回帰、及び集計表の解析に焦点が当てられています。本コースの(またはそれと同等の)知識は、統計解析のカリキュラムにおけるコースの多くで必須な条件となります。

・記述統計量の計算とグラフを用いたデータの探索
・線形単回帰の実行
・カテゴリカルな変数間の関連性を検知するχ2乗統計量の利用

本コースは、SAS認定試験「SAS®認定プロフェッショナル SAS Clinical Trials Programmer Using SAS® 9」および「SAS®認定プロフェッショナル SAS Statistical Business Analyst Using SAS® 9:Regression and Modeling」の準備にも適しています。
学習目標
SAS/STAT® を使用して統計解析を行うSASのユーザーが、t検定、線形回帰、及び集計表の解析を理解し、次のことができるようになります。

●標本統計量の解釈ができる
●分布の解釈ができる
●信頼区間を理解できる
●仮説検定の考え方を理解できる
●t検定を理解できる
●変数間の相関を理解できる
●線形回帰を理解できる
●関連性の検定を理解できる
学習内容
1.統計学入門 
  - データ分布を確認する 
  - UNIVARIATEプロシジャやMEANSプロシジャを使用して
  標本統計量の計算と解釈を行う 
  - UNIVARIATEプロシジャやSGPLOTプロシジャを使用して
  データ分布を確認する 
  - 信頼区間を計算する 
  - 簡単な仮説検定を行う 

2. t検定 
  - TTESTプロシジャを使用して2群の間における平均の違いに関する検定を行う
 
3. 線形回帰 
  - CORRプロシジャで相関係数を計算する 
  - REGプロシジャを使用して線形単回帰モデルを当てはめる 

4. カテゴリカルデータ解析 
  - FREQプロシジャで度数表を作成する 
  - FREQプロシジャを使用した一般的な関連性や線形の関連性に関する
  検定について確認する 
  - 正確検定を理解する 

※ 内容は予告なく変更する場合があります。 
※ コーステキストは当日お渡しします。先渡しは一切行ないませんのでご了承ください。

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Base SAS®
SAS/STAT®
SAS/GRAPH®

ご注意・ご連絡事項

・SAS Institute Japan株式会社開コースの、受講お申込みおよび受講者変更は3営業日前までとさせていただきます。
キャンセル・日程変更はコースの開催日前日より起算して17日前までとさせて頂きます。
・ 受付は講習開始15分前からとなりますので、遅れないようお願い致します。
・キャンセル料の扱いは以下のとおりです。
(トレノケート休業日の場合には直前の営業日までとなります。)
・コースの開催日前日より起算して16日前~2営業日前までに取り消した場合 : 受講料の50%
・コース開始日の1営業日前に取り消した場合 :受講料の全額
・ 受講者へのお電話の取り次ぎはいたしませんが、ご伝言は承ります。
・ コース内での、写真撮影、録音、録画はご遠慮ください。 受講中の携帯電話のご使用は、他の方々のご迷惑となりますのでご遠慮ください。
・ トレーニングルーム内でのご飲食はご遠慮ください。ロビーにてお願いします。 昼食はご用意しておりません。会場付近の飲食店をご利用ください。