ホーム > Succession Planning in Japanese : Developing Talent from Within

Succession Planning in Japanese : Developing Talent from Within

期間  2日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  154,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+演習 コースコード  AMC0081V

対応チケット/ポイント等

  • 14 PDU (Leadership)
    PDU対象コース
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイントアドバイス

本コースは、日本語で講義を行います。

テキストおよび投影スライドは英語となりますので予めご了承ください。

対象者情報

対象者
・中間管理職~上層管理職、事業部長、人事担当者、組織開発担当者の方々
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
組織内の主要なポジションには、充分なトレーニングを受けた経験豊富な人材を常に確保

ある調査によると、後継者育成計画を適切な形で、しかも慎重に練っている企業は非常に少なく、特に昨今の不安定な経済状況下では、それが組織にどんなコストをもたらしているかを充分に認識できていないという結果が出ています。
人材の後継者育成を効果的に行うことは、重要な戦略プロセスであり、リーダーシップに見られるギャップを最小限に抑えることができます。しかも、将来に不可欠なスキルを向上させるのに役立てることができます。

このプログラムでは、組織が成長し続け、業務上の目標を達成することを促す、効果的で柔軟性に満ちた後継者育成計画をデザインし、実行させる方法をお伝えします。
学習目標
● 優秀な人材を惹きつけ、定着させ、育成していくための戦略を学ぶ
● 組織の内部から、叡智に富み、業務的な専門性をもった未来のリーダーを育成する方法を学ぶ
● 自分の組織の要となるビジネス上の信頼関係を継続できるようにする
● 特定のポジションに必要となるコンピテンシーとは何かを明確にし、的を絞ったアプローチを展開する
● 企業のニーズと個人の希望をマッチングさせることで、定着率の向上に貢献する
学習内容
1. 人材力で競争優位性を構築
  - 伝統的な後継者育成計画が、組織の総括的タレントマネジメント戦略に如何にフィットするのかを認識する
  - 後継者育成管理計画の6つのレベルとは何かを明確にし、現在、自分の組織がこの計画のどの段階にいるのかを知る
  - 今日の組織環境における、後継者育成管理の5つのステップを表現する

2. 必要な人材を特定するために、ビジネス戦略を活用
  - 自分のビジネス戦略に影響を与えている傾向を知る
  - 自分の組織のビジネス戦略と、それが後継者育成計画にどのようにインパクトを与えているかを説明する
  - 特定のビジネス戦略に同化できる特徴、特質、コンピテンシーを明確にする
  - 学習能力に繋がる自分自身の強み、弱点を認識する

3. リーダーシップのポテンシャルをアセスメント
  - リーダーシップポテンシャル(次世代経営陣)と、ハイポテンシャルを定義する
  - ハイポテンシャルを特定するための評価基準を明確にする
  - 潜在的な可能性を見極め、評価するためのツールを活用する
  - 人材を評価するベスト・プラクティスとして、アセスメントを活用する
  - 透明性の有無が従業員に与える影響を認識する
  - 人材レビュー会議を円滑に行う

4. レディネス(準備の体制)を明確にして、開発を創造的に考える
  - 年間を通じた従業員のレビューと育成プロセスを構築する
  - 育成プロセスをサポートするツールやフォーマットを選択する
  - 何がリーダーを迅速に成長させるかを認識する
  - 個々の開発プランに「70-20-10」フレームワークを当てはめる
  - 従業員が率先して実施できる、中間レビュー会議を開く
  - ミレニアル世代(1980年代から2000年代に生まれた世代)がタレントマネジメントに与える影響を見極める

5. 後継者育成マネジメントを測定して、評価する
  - 組織内における後継者育成計画を評価するため、測定基準を活用することの重要性を認識する
  - 測定すべきエリアを識別する
  - 後継者育成計画に、「プレディクティブ・アナリティクス(予測解折)」が如何に役立つかを説明する
  - 組織にとって、最も有効な測定基準を見極める
  - 後継者育成計画には、直感がどんな役割を持つのかを認識する

6. 組織、自分自身、そしてチームのために、この後継者育成計画の全体像を更に向上させるアクション・プランの作成
  - 自分の組織の3つの主なエリアを選び、このプログラムで学んだことを適応する

実習/演習内容詳細

演習/デモ内容
本コースは講義と演習をバランスよく盛り込み、学んだ内容をご自身の中でしっかりと落とし込んでいただける構成です。また、参加者同士のディスカッションやグループワーク等を通して、多くの気づきも得ていただけます。

ご注意・ご連絡事項

・本研修申込時にご提供いただいた個人情報は、クインテグラル株式会社にも提供し、研修・キャンペーン・イベントその他アップデート情報等をご案内するために利用させていただきます。