ホーム > 【PDU対象】EQ(心の知能指数)リーダーシップ ~感情に寄り添い、関係性を構築する~

【PDU対象】EQ(心の知能指数)リーダーシップ ~感情に寄り添い、関係性を構築する~

  • 14 PDU (Leadership)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】EQ(心の知能指数)リーダーシップ ~感情に寄り添い、関係性を構築する~
コースコード AMC0069V  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 143,000円(税込)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2020年8月20日(木) ~ 2020年8月21日(金)

新宿LC

  空席あり

実施確定

2020年10月19日(月) ~ 2020年10月20日(火)

オンラインLive

  空席あり

2020年10月19日(月) ~ 2020年10月20日(火)

東京会場(未定)

  空席あり

2021年2月1日(月) ~ 2021年2月2日(火)

東京会場(未定)

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

重要なご連絡・ご確認事項

【本コースはオンライン対応です】
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程はオンラインでご参加いただけます。
  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら

対象者情報

対象者
・EQを通して、自身の総合的な影響力を高めることで、健全で生産的な組織文化を作り出す必要があるマネージャーやリーダー
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
EQ(心の知能指数)は、なぜ重要なのでしょうか?

EQは、以前は単なる研究の一分野であり、新たな「今月のお勧め」程度のソフトスキルでしたが、今では、効果的なリーダーシップの中心にあるベストプラクティス・中核的コンピテンシーとしてその有効性が認められています。今日、私たちはEQを、組織の生産性や革新性、迅速な対応を支えるスキルセットとして総合的に使っています。

EQの高いリーダーは、結果を出すために、一貫したアイデンティティ、一連の価値観、目的、そしてビジョンを持っており、それを周囲に伝えます。つまり、コラボレーション、健全なコンフリクト、適切な変化のマネジメントといったEQのコンピテンシーを使うことで、チームと組織を成功に導くことができます。

本セミナー、「EQ(心の知能指数)リーダーシップ」では、こうしたスキルを高めるために、統合型能力開発アプローチを使います。このアプローチでは、組織で成果を発揮しているリーダーシップを、職場におけるEQのベストプラクティスを通して学ぶことができます。
人とつながり、目標を達成し、変化をマネージし、活力を与え、レジリエンスを持って行動するリーダーとしてのスキルを向上させるこが出来ます。社内のチームメンバーや社外の顧客をやる気にさせ、サポートし、相手に影響を与えることができるようになるため、このプログラムに積極的に参加し、EQを一貫して使う方法を習得し、演習を通して実践しながら身に付けていきましょう。
学習目標
● 感情データを理解し、そのデータを意識的に使うことで、生産的な職場関係とチーム環境を生み出し、それを維持する
● 感情から起こる行動をマネージし、適切な行動をとることで、職場の様々な状況におけるリーダーシップを高める
● 関係をより強めるため、共感力を最大化する
● 協力的で受容的、かつ創造的なコミュニケーション方法を身に付ける
● エモーショナルインサイト(感情を伴う洞察力)を得て、変化を理解し、変化を起こす
● やる気を起こさせるEQスキルを活用し、チームで成果をあげる
学習内容
1. EQ(心の知能指数)とリーダーシップのコンピテンシーを統合する
  - EQの観点から、自分の優れた対人コミュニケーションスキルが同僚に与える影響を理解する
  - EQを意識した話し方と聞き方のスキルをリーダーシップに活かす

2. EQを念頭におきながら個人の影響力を発揮する
  - 周囲に影響を与えるにあたっての、自分の信頼度を評価する
  - コーチングセッションを計画する際に、強い影響力を発揮する戦略として「共感」を使う
  - EQのレンズを通して抵抗を分析し、影響を与える別のアプローチを見つける

3. EQを意識して、やる気を引き出す
  - 人をやる気にさせる際の、自分の現在の強みと課題を分類する
  - EQが優れたリーダーシップのストーリーを使い、周囲を鼓舞するスキルを身に付ける

4. EQを意識したコラボレーション方法を推進する
  - コラボレーションを、EQを意識した人間関係に基づくアクティビティとして説明する
  - リーダー/同僚として行う様々な質問のうち、人間関係と創造性を高める質問のタイプを学ぶ

5. EQを使って変化をマネージする
  - 変化に対して、人の態度に感情が与える影響を学ぶ
  - 変化に対する同僚の抵抗をやり過ごすためのコミュニケーションスキルを見つける

6. EQを使って建設的なコンフリクトを実現する
  - 人間関係の発展と維持が、建設的なコンフリクトの実現に果たす中心的役割であることを理解する
  - リードする際に、文化とコミュニケーションを意識した戦略をつかう
  - EQが優れたリーダーシップコミュニケーション戦略をみつけ、建設的なコンフリクトを生み出して維持する

7. EQの高いチームをリードする
  - 自分のチームの感情的知性と社会的知性を分析する
  - チームのストレスレベルとムードを評価し、楽観主義と生産性を維持する
  - チーム全体または1人のチームメンバーがストレスを抱えている際に、EQマインドフルネスを活用する

8. まとめ
  - EQのスキルを総合的に使い、複雑なリーダーシップの課題と機会に取り組む

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
・講義と演習をバランスよく盛り込み、学んだ内容をご自身の中でしっかりと落とし込んでいただける構成です。また、参加者同士のディスカッションやグループワーク等を通して、多くの気づきを得ていただけます。

ご注意・ご連絡事項

・本研修申込時にご提供いただいた個人情報は、クインテグラル株式会社にも提供し、研修・キャンペーン・イベントその他アップデート情報等をご案内するために利用させていただきます。
・AMAコースの日程変更は、コース初日の3営業日前までとさせていただきますのでご了承ください。