ホーム > 集合研修 分野別検索 > 集合研修 コース検索一覧(カテゴリ:仮想化) > サーバー仮想化技術の利点とリスク ~ITコスト削減と企業競争力強化のために~

サーバー仮想化技術の利点とリスク ~ITコスト削減と企業競争力強化のために~

コース基本情報

コースタイトル サーバー仮想化技術の利点とリスク ~ITコスト削減と企業競争力強化のために~
コースコード NFC0012G  
コース種別 集合研修 形式 講義+デモ
期間 1日間 時間 13:00~16:30 価格(税抜) 1社様向け
主催 トレノケート
このコースは定期開催しておりません。1社様向け研修としてご要望にあわせて開催いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

仮想化の導入や移行を考えているシステム管理者の方に最適です。プライベートクラウド構築の前提知識としても役立ちます。

対象者情報

対象者
・仮想化の導入を検討中のシステム管理者
前提条件
□コンピュータに関する一般的な知識
あるいは
□「コンピュータ入門(OE301)」受講済と同程度

学習内容の詳細

コース概要
本コースは、ITシステムの課題と、仮想化による解決策、および仮想化のリスクについて紹介します。特定の製品に特化した技術解説は目的としていませんが、実例としてMicrosoft Hyper-VとVMwareを取り上げます。
学習目標
● サーバー仮想化に必要なハードウェアおよび ソフトウェア要件を挙げる
● サーバー仮想化の適した事例を挙げる
● サーバー仮想化の制限を指摘する
学習内容
1. ITの課題とサーバー仮想化
 - ITシステムの課題
 - サーバー仮想化の利点
 - サーバー仮想化のリスクと回避策

2. 仮想サーバーホスト
 - CPU
 - 仮想化ソフトウェアの種類
 - メモリ
 - ディスク
 - ネットワーク

3. 仮想マシンの可用性
 - 手動切り替え
 - 仮想マシンの停止を伴う切り替え
 - 仮想マシンの中断を伴う切り替え
 - 仮想マシンを稼働したまま切り替え
 - フォールトトレラント

4. 仮想マシンの運用
 - 仮想マシン管理ツール
 - マイグレーション
 - テンプレート
 - セルフサービスポータル
 - プライベートクラウド

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Windows Server 2008 R2
Hyper-V 2.0
System Center Virtual Machine Manager

受講者の声

『半日の研修でしたが、テキストの内容だけでなく、実例なども多く盛り込んでくださったので、とても参考になりました。』
『ご自身の経験を踏まえた専門知識が豊富にあり、説明している内容が実際の業務ではどうなるのか説明があり良かった。』