ホーム > eラーニング 教材一覧 > Oracle WebLogic Server 12c: トラブルシューティング[オンデマンド]

Oracle WebLogic Server 12c: トラブルシューティング[オンデマンド]

教材基本情報

教材タイトルOracle WebLogic Server 12c: トラブルシューティング[オンデマンド]
商品コードRAX0160R 備考Oracleトレーニング・オンデマンド
標準学習時間14時間価格(税込) 157,080円(税込)
提供元日本オラクル
提供形態/
付帯教材種別
 ASP オンラインテキスト 

ワンポイントアドバイス

サンプルビデオはこちら(日本オラクル株式会社)をご覧ください。

■利用環境条件
• このコンテンツを利用するためにはPC、インターネット環境が必要です。
• VoD視聴に関しては、スマートフォンにも対応しています。
• ご購入の前にお客様のシステムが、演習環境のシステム要件を満たしていることをhttp://ouconnect.oracle.com にアクセスしてご確認ください。

■推奨動作環境
【ビデオ視聴 稼働環境】
• 1024x768 以上の画面の解像度
• ブラウザ:Internet Explorer 9 以上、Firefox 11 以上、Google Chrome 19 以上
• Flash Player 10 以上(モバイル機器を除く)
• JavaScript および Cookie が有効になっている
• O/S: Microsoft Windows Vista、Microsoft Windows 7 以降
• インターネット接続: 768 kbps 以上
【演習環境 稼働環境】
http://ouconnect.oracle.com/ でご確認ください。確認方法については、Oracle トレーニング・オンデマンド 演習環境接続システム確認をご参照ください。

対象者情報

対象者
・管理者
・システム管理者
・テクニカル管理者
前提条件
    必要とされる前提コースまたは前提知識:
    □「Oracle WebLogic Server 12c: 管理 I Ed 2」

    推奨される前提コースまたは前提知識:
    □WebLogic Server の運用管理経験
    □UNIXコマンドを使用した操作に関する基本的な知識

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、Oracle WebLogic Server 12c 運用時によく発生する問題のトラブルシューティング手法について説明します。問題の切り分けやデバッグ方法、およびその対処方法について演習を通して学習することができます。(Oracle WebLogic Server 12.2 対応) このコースは、講義よりも演習に重点を置くため、Oracle WebLogic Server 12c の運用管理経験があること(Oracle WebLogic Server 12c: 管理 I Ed 2受講相当 )を前提とします。

このコースを受講する利点
このコースで習得した技術を活用することで、企業向けアプリケーションを稼働させるアプリケーション・サーバーのパフォーマンスとスケーラビリティを向上させることができます。トラブルシューティング手法を理解することで、障害対応時間を短縮することができます。
トラブルシューティングのためのツールの活用
このコースでは、WebLogic Server管理コンソール、モニタリング・ダッシュボード、WebLogic診断フレームワークなど、トラブルシューティングを支援する各種ツールの使用方法も学習します。

践的な演習問題
このコースでは、JVM、WebLogic Server、Java EE アプリケーションのデプロイメント、データソース、ノード・マネージャ、WebLogic ServerクラスタおよびWebLogic Serverセキュリティなどシステム運用に不可欠な各機能について、実践的な演習を行うことで、トラブルシューティングの知識を定着させることができます。
学習目標
● WebLogic Server クラスタに関する一般的な問題のトラブルシューティング
● WLDFハーベスタおよびモニターの構成と分析
● JVMに関する一般的な問題のトラブルシューティング
● ノード・マネージャに関する一般的な問題のトラブルシューティング
● JDBCに関する一般的な問題のトラブルシューティング
● WebLogic Server セキュリティに関する一般的な問題のトラブルシューティング
学習内容
1. トラブルシューティング: 概要
  - トラブルシューティング・ツール
  - トラブルシューティング方法

2. WebLogic Server 診断フレームワーク: 概要
  - WLDF 概要
  - メトリック・コレクタ
  - 復習: モニタリング・ダッシュボード

3. 診断インストゥルメンテーション
  - モニター
  - リクエスト・トラッキング

4. JVM のトラブルシューティング
  - JVM 概要
  - JVM の問題
  - JVM ツール

5. サーバーのトラブルシューティング
  - サーバー診断
  - 起動時のエラー
  - スレッドの問題
  - ワーク・マネージャ
  - スタック・スレッドの検出
  - 過負荷状態のサーバーの検出

6. アプリケーションのトラブルシューティング
  - Java 例外
  - Java スタック・トレース
  - ライブラリの問題
  - Java の一般的なエラー
  - アプリケーションの診断

7. JDBC のトラブルシューティング
  - JDBC の復習
  - JDBC WLDF モニタリングの復習
  - 一般的なエラー
  - データ・ソースの可用性
  - JPA

8. ノード・マネージャのトラブルシューティング
  - ノード・マネージャの復習
  - ノード・マネージャ・ロギング
  - ノード・マネージャによる監視
  - 一般的な構成エラー
  - ノード・マネージャ資格証明の構成

9. クラスタのトラブルシューティング
  - クラスタ・プロキシの診断
  - プロキシの一般的な問題
  - セッション・レプリケーションの診断
  - セッション監視
  - セッション・インスツルメンテーション
  - レプリケーションの一般的な問題

10. セキュリティのトラブルシューティング
  - セキュリティ・レルムの復習
  - LDAP の復習
  - セキュリティ・レルムのデバッグ・フラグ
  - 監査プロバイダ

ご注意・ご連絡事項

・この教材は、VoD(日本語)のコンテンツです。教室での集合研修(Classroom Training)ではありませんのでご注意ください。
・この研修コースのテキストは、電子ファイル教材「eKit」で提供されます。
・有効期間: 購入後 90日間有効です。最初の有効化後ではなく、ご注文の確定後から開始されます。
・ラボの利用: 6日間(月曜~土曜)利用可能です。(購入後に予約が必要です)
・インターネットに接続しているコンピュータであれば、どのコンピュータからでもアクセスできます。ただし、同時に複数のコンピュータから同一のアカウントを使用して同じコースにログインすることはできません。
・オラクル認定コースにお申し込みいただいた方・申込責任者の方の個人情報は、第三者である日本オラクル株式会社と共有させていただきます。あらかじめご了承ください。