ホーム > eラーニング 教材一覧 > [Cisco Digital]Operating Cisco IP Fabric for Media Solution (IPFMSN) v2.0

[Cisco Digital]Operating Cisco IP Fabric for Media Solution (IPFMSN) v2.0

標準学習時間 ---提供元 トレノケート
価格(税込)  60,500円(税込)備考 eラーニング
提供形態/付帯教材種別

ASP

商品コード CSX0521R

対応チケット/ポイント等

  • 24 CEクレジット
    Cisco継続教育プログラム対応クレジット数

重要なご連絡・ご確認事項

● 本教材は英語教材です。
● 受講期間はID発行より半年です。
● クレジット数は変更される可能性があります。最新情報はシスコ継続教育プログラムサイトをご覧ください。
● コース申込時に、Cisco.com ID (CCO ID)をご記入して頂く必要があります。
アカウントをお持ちでない方は、下記を参考にご用意ください。
ご登録、ご確認方法
1. アカウントの作成 (既にお持ちの方は2へ)
https://learningspace.cisco.com/ より、[今すぐ登録する] をクリック
2. Cisco Learning Network Spaceにログインする
https://learningspace.cisco.com/より、[ログイン] をクリックし、作成したアカウントでログインができることを確認

対象者情報

対象者
・このコースは、放送エンジニアを対象としています。
・また、テクニカルソリューションアーキテクト、ネットワークエンジニア、ネットワーク管理者にとっても興味深いかもしれません。
前提条件
    このクラスを受講する前に、次の知識とスキルがあることをお勧めしますが、必須ではありません。

    □ 放送業界の要件と標準化の理解
    □ データセンターネットワークアーキテクチャの理解
    □ 仮想化の概念の理解
    □ イーサネット機能と標準の理解
    □ TCP/IPネットワークの理解
    □ 基本的なユニキャストおよびマルチキャストルーティングを理解して構成する
    □ Cisco Nexus®CLIの理解
    □ 基本的なLinuxコマンドの使用

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、メディア向けIPファブリック(IPFM)ソリューションを紹介します。

IPテクノロジを使用してSDI (Serial Digital Interface)ベースの展開を置き換える放送エンジニアを対象としています。Cisco IPFMの導入、操作、トラブルシューティングについて学習します。

このコースでは、Cisco IPFMソリューションのコアコンポーネントであるData Center Network Manager (DCNM)メディアコントローラについても説明します。完全なIPFMソリューションのベースラインとしてIPファブリックを構築することに焦点を当てたラボの演習を通じて、DCNMメディアコントローラーを展開およびトラブルシューティングして、ファブリックを通過するフローを制御する方法を学びます。
学習内容
1. Introducing Cisco IP Fabric for Media

2. Media over IP Standardization

3. Designing Cisco IPFM Solution

4. Building Cisco IP Fabric for Media

5. Exploring Non-Blocking Multicast in Cisco IPFM

6. Describing Cisco DCNM

7. Introducing Cisco DCNM PowerOn Auto Provisioning (POAP) Process

8. Implementing Cisco DCNM Flow and Host Policies

9. Precision Time Protocol

10. Cisco IPFM Operations, Administration, and Management

11. Cisco IPFM High Availability

12. Monitoring and Troubleshooting Cisco IPFM Operation

関連試験や資格との関係

シスコ技術者認定試験
なし

コース関連付加情報

ご注意・ご連絡事項

● 本教材は英語教材です。
● 受講期間はID発行より半年です。
● クレジット数は変更される可能性があります。
● コース申込時に、Cisco.com ID (CCO ID)をご記入して頂く必要があります。