ホーム > 情報セキュリティ対策 ログ分析編 ~攻撃の足跡を見逃さない技術~

情報セキュリティ対策 ログ分析編 ~攻撃の足跡を見逃さない技術~

コース基本情報

コースタイトル 情報セキュリティ対策 ログ分析編 ~攻撃の足跡を見逃さない技術~
コースコード SCC0172G  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 160,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2018年6月28日(木) ~ 2018年6月29日(金)

新宿LC

  空席あり

実施確定

2018年7月23日(月) ~ 2018年7月24日(火)

新宿LC

  空席あり

2018年8月27日(月) ~ 2018年8月28日(火)

新宿LC

  空席あり

2018年11月26日(月) ~ 2018年11月27日(火)

新宿LC

  空席あり

2018年12月25日(火) ~ 2018年12月26日(水)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

● 講義、演習を交えながらログを題材にし実効性のあるセキュリティ対策を学んでいくコースです。

● 講義ではログ管理の基本、代表的なシステムやアプリケーションのログと分析手法を学びます。

● ワークショップ、ツール使用による演習を通して理解を深めます。

対象者情報

対象者
・ セキュリティ視点でのログ管理について基本から学びたい方
・ お客様や自社のログ管理をされるセキュリティ担当者
・ ログ管理を見直したいセキュリティ担当者
・ CSIRT 担当者
前提条件
□ システム管理の基礎知識がある方
□ ネットワーク、セキュリティの基礎知識がある方
□ Linux/Windows OSの基本的な操作が出来る方

学習内容の詳細

コース概要
近年、標的型攻撃や、内部不正による情報漏えいのリスクが増大し、効果的な対策が急務となっておりますが、システム上にあるログを調査し、痕跡・証拠を得ることは、事態の早期発見や抑止の観点からも有効です。
このコースでは代表的なログを題材にし、セキュリティ視点でのログ分析を講義、実習を通して学習します。
学習目標
● セキュリティ視点でのログ管理の基本がわかる
● セキュリティ視点でのログ分析の基本がわかる
● 効果的なツールの使用方法がわかる
学習内容
1. ログ分析とは
2. ログ管理
3. ログ分析手法
4. オペレーションシステムのログ
5. アプリケーションのログ
6. ネットワークのログ
7. セキュリティ機能のログ
8. ログ分析の実際
9. ログ分析のためのツール

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
1. ログ分析とは
2. ログ管理
3. ログ分析手法
4. オペレーションシステムのログ
5. アプリケーションのログ
6. ネットワークのログ
7. セキュリティ機能のログ
8. ログ分析の実際
9. ログ分析のためのツール

ご注意・ご連絡事項

・内容は変更になることがあります。