ホーム > 【PDU対象】ビジネスプレゼンテーションスキル

【PDU対象】ビジネスプレゼンテーションスキル

  • キャンペーン
    キャンペーン対象コース
  • Select6
    Select6
  • 14 PDU (Leadership)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】ビジネスプレゼンテーションスキル
コースコード AMC0025V  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:00~17:00 価格(税抜) 130,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年11月21日(火) ~ 2017年11月22日(水)

東京(都市センターホテル)

  お問い合わせください

実施確定

2017年12月14日(木) ~ 2017年12月15日(金)

東京会場(未定)

  空席あり

実施確定

2018年1月16日(火) ~ 2018年1月17日(水)

東京会場(未定)

  空席あり

2018年2月19日(月) ~ 2018年2月20日(火)

東京会場(未定)

  空席あり

2018年3月8日(木) ~ 2018年3月9日(金)

大阪会場(未定)

  空席あり

2018年3月27日(火) ~ 2018年3月28日(水)

東京会場(未定)

  空席あり

2018年4月24日(火) ~ 2018年4月25日(水)

東京会場(未定)

  空席あり

2018年5月23日(水) ~ 2018年5月24日(木)

東京会場(未定)

  空席あり

2018年6月5日(火) ~ 2018年6月6日(水)

東京会場(未定)

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

※このコースには事前課題があります。

※2日目にスライドを作成するため、PCをご持参ください。コースでは、ひとりひとりのプレゼンをビデオ撮影し、自らの姿を見ていただくことを通して自身の課題を認識し、課題を克服する方法、良い部分を伸ばす方法を講師がアドバイスします。


Buy One Get One 50% OFFキャンペーン対象コース
対象コースから2コースお申し込みいただくと1コースが半額に!
対象103コースからお好きな組み合わせでご受講いただけます。


対象者情報

対象者
・顧客の印象に残るプレゼンテーションをしたいと考えている方
・どんなに経験を積んでも、プレゼンテーションであがって本来の自分らしさが出せない方
・プレゼンテーションは得意なはずなのに、うまく仕事に結びつかないとお悩みの方
前提条件
特になし

学習内容の詳細

コース概要
せっかく良いアイディアがあるのに、その魅力をうまく見せれずに、
大切な商談や交渉を逃してしまった・・・そのような経験はありませんか?
一般的に私たちは、学生生活を通しても、さらに社会人になってからも、
プレゼンテーションを学ぶ機会がそうそうあるものでもありません。
だからこそ、基本をしっかりおさえ、練習する機会が重要です。
AMAのプレゼンテーションセミナーでは、
1. 伝える「目的」と期待する「結果」を明確にする
2. “わかりやすい伝え方(組み立て)”を学ぶ
3. “見せ方(スキル)”をとことん練習する
4. プレゼンテーションを補足するビジュアルエイド(スライド)の
作成について学ぶ
これら大きな4つの流れのもとに進行します。
さらに、内容が良くても、プレゼンテーションをする本人に自信がなくては、
その見え方はまったく異なってきます。コースを通して、
講師が受講者をとことんコーチングしますので、人前で
プレゼンテーションすることが怖くならない「自信」をつけていただけるでしょう。
学習目標
● 上司、部下を説得し、行動を起こさせるプレゼンテーションスキルを学ぶ
● アイデアを簡潔に、なおかつロジカルにまとめあげるスキルを学ぶ
● 効果的なジェスチャー、アイコンタクト、好印象の服装を知る
● 効果的なビジュアルツールの作り方と使い方を知る
● 「あがり」をコントロールできるようになり、それを「自信」に転換するテクニックを習得する。
学習内容
(1日目)
1. イントロダクション
研修の目的と進行方法を確認します。
【進行方法】インタラクティブレクチャー

2. プレゼンス
プレゼンスの重要性と自分自身のプレゼンスを確認します。
【進行方法】インタラクティブレクチャー

3. What to present: 内容
プレゼンテーションの内容を考える際に念頭に置くべき点、
「プレゼンテーションの目的」、「ゴール」、「対象」の重要性を学び、
これに合った内容にするための情報収集と整理の仕方を学びます。
また、相手に納得してもらうプレゼンテーションの内容
および構成の仕方を学びます。さらに、プレゼンテーションに
もっとも重要なオープニングを魅力的に魅せるコツを学びます。
【進行方法】インタラクティブレクチャー 

4. ビジュアルエイド
ビジュアルエイドの目的を明確にし、効果的な資料の作成方法について学びます。
【進行方法】インタラクティブレクチャー

(2日目)
5. How to present: 伝達法(デリバリー)
プレゼンテーションをする際のデリバリースキルについて学びます。
効果的な立ち方や姿勢、表情、ジェスチャー、アイコンタクト、
声のボリュームや間合いの取り方を確認します。 
【進行方法】インタラクティブレクチャー、演習

6. ビデオコーチング
実際にプレゼンテーションを実施し、ビデオ撮影をした映像を使って、
特にデリバリーの仕方を改善するためのコーチングを受けます。  
【進行方法】演習、コーチング

7. 質疑応答
成功するとプレゼンテーションの効果をより高めることになる、
質疑応答の対処方法を学びます。
【進行方法】インタラクティブレクチャー、演習 

8. あがりに備える
あがりを最小限にするための準備方法と、あがった場合の対処方法を学びます。
【進行方法】インタラクティブレクチャー

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
PC
実習/演習/ デモ内容
プレゼンテーションをビデオで撮影し、客観的に自分自身を見ながらフィードバックを受けます。

ご注意・ご連絡事項

・申込み画面の「備考欄」に氏名のローマ字表記をご記入下さい。「受講証明書」に記載いたします。
・本コースには事前課題があります。
・事前課題あり
・PCをご持参ください
・本研修申込時にご提供いただいた個人情報は、クインテグラル株式会社にも提供し、研修・キャンペーン・イベントその他アップデート情報等をご案内するために利用させていただきます。

受講者の声

『「意識して実行できるか」を強く考えさせられました。まずは「意識してできる」もしくは「意識する」ところから始めていきたいと思います。』
『ビデオ撮りは恥ずかしかったが自分を客観的に見ることができてよかった。』
『改めてプレゼンはテクニックの面が強く、練習しないとうまくならないと感じました。そのための多くの気づき/学びを得られたので、今後ちょっとした機会にプレゼン練習として利用していきたいと思います。』